大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大阪城は私の実家」と言ってみたい。

いよいよ明日が退職日なんだけど、帰国日まであと10日あるためか最後だという実感が殆どない。
おまけにせっかく引継用にと、資料を共通サーバーに移行した途端にサーバーダウン。
やっと復旧した先週後半からずっと更新作業ばかりで、明日は間違いなく残業である。
そういえば日本で勤め人だった時も、自分の送迎会やってもらったその足で会社に戻って
最後の後始末してたっけ。。。。こんなシチュエーションばっかりだな。

それでも帰国日が近づいてるということは、家探し本格始動日も近づいてる訳で
毎日物件チェックして気に入ったところを見つける度に不動産屋さんに見学予約を入れて。。。を
繰り返した結果、現時点で13件の見学予定。多いの?少ないの?こんなもん?
不動産業者は複数だけど、住居エリアはほぼ確定してるのでそれぞれの物件は似たような場所にある。
地図で確認したら1ブロック違いって所もあった。また間取や条件を見ているうちに当初の理想から
徐々に現実モードに移行していったので、初期に見学予約を入れた物件と最近とでは
こちらの希望条件が一定してなかったりするのだけど、せっかくなのでキャンセルはせず。
途中で気が変わるかもだし。

これだけは外せない条件として、当初は「追い焚き機能」を入れてたのだけど
(そういえば実家にいた時も夏はシャワーだったな)なんてことを思い出したりして
この条件は必須ではなくなった。その代わり「独立洗面台」と「コンロ2口以上」は絶対必須。
あと間取りで必ずチェックするようになったのが「洗濯機の位置」
今回の家探しで気づいたのが「玄関開けたらすぐ洗濯機」という配置の多いこと。
室内設置にこだわった故の場所なんだろうけど、それでも「ただいま〜」ってドア開けたら洗濯機って
ちょっと落ち着かない気がして(あくまでも私はね)近頃はまず洗濯機配置場所をチェックするように。

さらに追加条件として「『敷金・礼金なし』は除外
普通はお得条件として大々的に謳われてるけど、言い換えれば「諸費用がない=入居者条件が緩い」
つまり問題ありな住民が多い可能性大ってこと。またそんな物件に限って「部屋クリーニング代」
「鍵交換代」が借主負担(それも小ちゃい文字で備考欄に記載)ばかり。
結局物件によってはそれらの合計は相当な額になるので、ならば「敷金は払う」という方向に切り替えた。
契約書的文書ってよく読み込まないとダメね。意外なところに盲点がある。
考えてみれば家主が損する物件なんてある訳ない。上手い話は滅多にないってことだな。

基本引きこもり体質なので、自分の住まいとなる空間作りはとても重要。
だって休みの日には心ゆくまでゴロゴロしたい。
「ただいま」って帰ったら部屋中が「おかえり」と迎えてくれるような
そういう部屋に住みたいのだ(決してオカルトではない)
初出勤までには引越したいので日程的にはかなり厳しいけど
納得の出来る「自分の城」を見つけるべく、ここはちょっと頑張る。

いい部屋が見つかりますように←言霊

スポンサーサイト

秋の日はのどけからまし


2週間ほど前から、マイ林檎ちゃんにソフトアップデートをインストールしようとすると
何度も何度もエラーメッセージ。それでも使う分には問題ないので
あまり気には留めてなかったのだけど、この間、ふと思い立って
リカバリーディスクでチェックしてみたところばっちりエラーコードが表示。
で、この意味はなんぞや?と、アップル社サイトで調べてみたら
とあるハードディスクの破損らしく、それも製造上の欠陥。だそうな。
へぇ、こんなこともあるものね。と、正規代理店に持ち込み修理を現在依頼中。
製造上のミスということで、修理代もタダ(らしい)。

iPhoneがあるので自宅でもメールチェックはできるけど
やっぱり(前からボヤいているように)ぽちぽちと長文を打つのは非常に面倒くさい。
前回、日本に戻った際に携帯メールの入力速度が母親よりも遅かったという事実が
暗に物語ってるように、iPhoneでも面倒くさいものは面倒くさい。

なので職場からこれを打ってる。
今日は金曜日。研究所が静か過ぎる。
そして今日の(正確には今週の)私はそんなに忙しくない。
だったら早く帰ればいいのだけど、今日に限って今朝は 寝坊 少し遅く出勤してしまったので
さすがに今から帰宅するのは気が引ける。あぁ、ぢれんま。

ならば、久しぶりに論文読もうと。で、集中するためにネットで好きな音楽アクセスするはずが
最近はまってる日曜天国のポッドキャストについアクセスしてしまい、論文読みに集中するはずが
悶絶笑いを堪えるための集中をしてるという結果に。
(「俺の塩」「魔性の館内放送」他諸々。ビバ☆変態アナウンサー)。

しかし、このポッドキャストのように完成度の高い話術を聴いてると
例えば自分のプレゼンなどは、果たして起承転結(&笑い)や構成はどうだろうと
ちょっと反省するきっかけになったりする。そしてその勢いで、さらに完成された日本の話芸こと
落語にアクセスしてみたりして。それも人間国宝である桂米朝師匠ですぞ
(カナダで一体何をしてるんだという突っ込みは置いといて)。

と、ここまで書いてみて、ふと気づく。
私は少しホームシックになってるっぽいな。
それも「笑い」に。


この星の一等賞

女子サッカー、世界一おめでとうございます。凄かったですなー。

こっちでの中継は日曜日のお昼過ぎという、完璧なスケジュール。
「それまでに全て用事を終わらせねば!」と、朝6時に起きて身支度。
開店とほぼ同時にスーパーに到着(当然、自転車で)。
買い出しもちゃっちゃとこなし、そのままねずみちゃんの術後管理チェックのため
職場へGO。これもちゃっちゃとこなして、自宅に到着したのは午前10時前。
普段の週末なら、この時間に起きてるわ。ははは。

お昼ご飯も早めに済ませて、テレビの前へいざ。
ついでにパソコンとiPhone も手元に置き、日本在住の友達
(高校時代からの大親友。私以上にサッカーファン)に「起きてるかー?」と、メール。
彼女とコンタクトを取り合うのは、実に数ヶ月ぶりであるにも関わらず
その久々の向こうの第一声が「まだ、セレモニーやん」ってのも、私達らしいですわな。

そのセレモニー放映の最中、なぜか観てるこっちが緊張してきたので
咄嗟に冷蔵庫に駆け寄り、ビールを一本←え?
結局私の視点は、ネット・ツイッター・テレビ・ビールの間を行き来しつつの観戦に。

まさに「諦めたらそこで試合終了」を、体現した試合展開に
自分を含め、今の日本・日本人に必要なものを見せてくれたなぁ、という気がする。
そう思ってたのは私だけではないみたいで、こっちの報道のほとんどが
「『あの日』から立ち上がる日本の象徴」として、なでしこジャパンの躍進を紹介していた。
カナダのマスコミだけではなく、多分、世界中の多くの人々が
過去に何度も壊滅的なダメージを受けながらも、その都度立ち上がって来た「日出る国の底力」を
なでしこ達の凛とした、それでいて笑顔溢れる姿を通じて感じ取ってきたんだと思う。

本当に素晴らしい試合だった。
そして自分が日本人として生まれたことを、改めて誇りに思えた試合でもあった。

月並みな言葉だけど、私ももっと頑張ろう。うん。


警告か 理想か

あわわわわ。。。。
アップしてたと思ってたら、しっかり下書ホルダーに入っておりました。
やばっ、スポンサーサイトが上がっとるやんけ。

近況はいろいろとございますが、せっかくなんで下書記事をあげときまする。









あの日から早や一ヶ月。
直接何も影響を受けてない場所に住んでいるとはいえ
じわじわと、自分の中の何かが影響を受けてる気がする。
今の時点ではそれが何か、うまく表現出来ないのだけど(将来出来るのかも未定だけど)
敢えていうなら
「今まで自分が信じてた諸々の価値観は、実は張りぼてだったのかも?」とでも言うか。

あら、こうして言語化すると結構悲観的ですな。
決してネガティブな意味だけじゃないんだけど。

そんなことを思いながらぐーたらしていた週末。
ある動画を見つけた。


2008年に放映されたドキュメンタリー
映像'08 『なぜ警告を続けるのか』
~京大原子炉実験所 “異端” の研究者たち~





実は私の元実家は、この研究所の隣町。
とはいえ、そっち方面に行く用事はほとんどなかったものの
当時通ってた中学校の校舎から、研究所の白い建物は見えてたから
所在してるのは知ってるけど。。。。な程度。

制作元である毎日放送は在阪局の一つで、吉本芸人さん達を中心とした
いわゆる関西独特のユルい番組(例:ダウンタウンが売れるきっかけとなった『4時ですよーだ』)が
多いのだけど、その反面硬派なドキュメンタリー制作のクオリティの高さにも定評があったりする。
だから大阪に住んでた時は、夜中こそこそと(放映が深夜に多かったので)
よくチャンネルを合わせて観ていた。
ちなみに、私が出演したいと願って止まない「情熱大陸」もここが制作局。

観終わった後の率直な感想は
「原子力はもういらんよな」と「じゃぁ、その代替品はあるんかぃ」
この辺は、日本国民のほとんどが感じ始めたことだと思う。
そしてもう一つ、この番組を通じて私が感じたことは
「研究職を生業にすることって何だろう」ということ。


残念ながら画像の質は少々悪いものの
それでも見応え十分な内容なので、ぜひ一度とお勧め。


もっと楽しくなるはず

公私ともに仲良くしてもらってるラテン系ポスドクちゃんが
「昨日(母国在住の)両親とスカイプしたんだけど、やまざきのこと話してたよ」

あー、気にしてくれてありがとねー
お陰さまで日本の家族や友達は無事でしたー。と、言いかけたら

やまざきからのクリスマスカード、昨日届いたって♪
『わざわざありがとう♪♪』って♪♪♪


去年に投函したカードが今頃到着とはこれいかに(遠い目)
切手も表書きもしっかり「By Air」って書いたのだけど
実はこれは航空便という意味ではなく「Air号にしか載せないで!」ってことだったんやろか?
それとも、地図を見る限り普通に南下するだけでいいと思ってたのが
実は地球を東方向へぐるっと一回りしながら、南へ下がるルートだったんやろか?

なんかもう、世の中わからないことが多過ぎる。。。。


そして相変わらず、日々ネットを通じて日本の状態をマメにチェックしてる訳ですが。
そんな中、とあるサイトでこのCMを見つけました。ご存知の方も多いかも。





地震発生が全線開通記念式典の前日だった。ということで
関連イベントは全てキャンセルになったそうですが
本来は「九州万歳!」をアピールしたメッセージだったはずが
今の日本に向けてもそのまま通じる気がして、目下の私のお気に入り。

この間から、またしても「なぜか私ばかりに業務が集中」状態が続いていて
もう少しでいろんな糸がプチンと切れそうになってたのですが
このCM観て「もうちょっと頑張ろう・頑張れる」と、自然と気持ちが持ち直しました。

これでもラボ内ではれっきとした「全日本代表」なんで(異論反論は許さん)
ここ数日間に控えてる、いくつかの大きな仕事に備えて「やっぱり日本人って凄いぜ!」と
他国人にがっつり威嚇アピールしてやりますわ。


プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。