大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の庭

個人的に私をご存知の方々や、Twitterでの呟きなどをご覧になってる方々の殆どは
私が「関ジャニ∞」の相当なファンであることを、薄々ご理解されてるかと思う。
なんで彼らのことが好きになったのかと聞かれれば
東京ジャニーズに負けてたまるかという意地とプライドと
そしてアイドルらしからぬ成り上がり根性加減が、当時の異国の学生としてもがいていた
自分の状況&心境と、見事重なった部分が大きい。あと、彼らの持つ底抜けの明るさにも
随分と救われたように思う。

ファンになった当初から現在まで基本日本にいないし、ファンクラブにも入ってないため
彼らの動向やら最新情報は専らインターネット、それもファンサイトから入手してることが多い。
ファンサイトに限らず、気に入ったサイトにはすぐに管理人さんにコメントやらメールする癖があるので
サイトを通じて仲良くさせてもらってる人達が、分野に限らず数人いる。もちろんエイトファンも同様。

私が「仲良くなりたい」と思ってコンタクトを取ったサイトの殆どは、自分と感性が合うからなので
特に問題はないのだけど、中には「なぜそういう発想になる?!」と、ビックリしてしまう
所謂「読むだけサイト」もいくつかあったりする。

去年の「結成8周年」から「売れるコンテンツ」として(やっと)事務所から
プッシュされるようになった彼ら。
それ故に「昔の頃とは違う」仕事もせざると得ない状況も多くなってきた。
それが「大きくなること」なんだろうとは思う。
だが、その売り方が納得いかないと憤るファンがいてもおかしくはない。
実際、私も「へ?」と愕然とすることもよくあるし、あの事務所はファンをファンと思ってない
人でなしな行動もよくするので、尚更、怒りと諦めと切なさが入り交じったブログを目にすることがある。

だけど。

その「読むだけサイト」の殆どが「プロデューサー気取り」というか
「自分の思い通りにエイトが動かないことが気に入らない」ことを
延々、ブログにアップするのはどうなの?と思い始めてきた。
勿論、友人達が書いてるエイトサイトも彼らやその周辺に筋の通った苦言を呈してる。
だが同時に、ファンの意見として事務所や所属レーベルに送ってもいる。
しかし「読むだけサイト」は、意見は送らない。でも文句や愚痴は言う。
そして、自分と異なるコメントを読者から指摘されると

「自分の庭で自分の言葉を書いて何が悪い?」

何も悪くない。
自分のサイトで「これを書け」と他人から指図されるなんてこと、私もイヤだ。

だからといって「本当に何でも書いていいのか?」とも思う。
「自分の庭だから」本当に何をしてもいいのか?とも思う。

彼らの仕事に対する文句は言う。
こんな企画なんて望んでない。彼らの良さを潰すだけ。

そんな記事が毎回アップされる。
ならばその思いを、なぜ「要望書」として然るべき所に送らないんだろう。

「私のサイトは大手じゃないので、あまり人も見てないと思うから」

「見てない」と言い切れる程、人が来ないサイトなら何を言ってもいいの?
要望書は出さない、でも愚痴は言う。
それって、自分の好きなタレントの悪口を言ってるだけじゃないの?

そしていつも最後は「気に入らなければ、どうぞ二度と来ないで下さい」
さらに上級だと、サイトにパスワード。鍵ですよ。

自分とは異なるコメントに切れた管理人が、自分のサイトを閉じてしまった場面を
ほぼリアルタイムで偶然に目の当たりにしてしまったため「ファンサイト」とは何だろう?と
少し考えてしまった。


スポンサーサイト

さくらー ふぶーきのー

今日は久々にヲタネタ。
でもまだバタバタしてるので、要件のみ。

今年の某偽善チャリティー番組の司会に決定ですってよ、奥さん。
例え番組そのものが胡散臭さ全開でも、リアルタイムで観られなくても
どんな手を使ってでも、彼らの頑張る姿を一目拝ませて頂くわ。

てか、これってその週末だけ日本に帰れって言ってるの?←大間違い

しかしながら、あの事務所所属とは思えないほどのヤツらの営業力や生命力は凄すぎる。
よくぞここまで這い上がってきた←最大の賛辞


私も、もうちょっと頑張る。


続きを読む

ガキの喧嘩は仲直りするまでだ

明日はいよいよM教授による手術の見学会なのだけど
私を始めとするペーペーは、諸々の準備のため朝7時に集合することになった。
いつもより2時間も早い出勤。こればかりはお仕事だからしょうがないわね。
せっかくなので、近くのスタバで朝食を食べてからラボへ行こう

。。。。なんて閃いたので、お店に明日の開店時間を電話で確認したら
いつもより1時間遅い7時からのスタート。

ちっ。
優雅な朝ご飯も許されないのかぃ、休日出勤者には。

昨日までは復習がてらペーパーを読むつもりだったけど
気がつけば1日中、ずっとダラダラ←いつものこと。
どうせダラダラするのならと、日本のドラマをネットで観賞三昧。。。。ってほどでもないか。
観たのは2本。

某国営放送の刑事の話(音でまっせ)と、介護ヘルパーとして奮闘する極道の話
例の事件で「もしや自分が思っている以上に”彼”が好きなのか?」と、自問自答していたが
初回の雨に打たれながらの喧嘩シーンで「好きだ。大好きだ」と、確信したことを除いても
極道なヘルパーは、屋台骨がしっかりしたお話だと思う。
刑事モノは、ダークな金八の「それを言っちゃうの?」なエグい台詞の数々にかなり共感。
はい、私も基本「性悪説」なんで。

所詮はドラマではあるけれど(特に極道はまさにフィクションの世界だし)
この2本はどれも「人間の尊厳」が描かれていると思う。
そのせいか、観てるこっちの胸をグサグサ突いてくる。おかげでこっちはグッタリ。

あと当たり前のことだけど、どちらもメインキャストの演技に惹き込まれる。
極道はいわずもがな。彼はあの事務所の「北島マヤ」。
また、数年前に帰国した際、毎週欠かさずに観てたのは実は「夫婦道」で
視聴率はさておき、金八さんの出るドラマは実は見応えのある作品が多いと思ってる。
だからついついチャンネルを合わせてしまう。そして案の定ハマる。

こっちのドラマでも好きなのは Law&OrderWithout a Trace のような骨太の社会派ドラマ。
ちなみにうちでは、この2番組は同じチャンネルの1時間違いで放映されているので
下手すりゃ2時間テレビの前に座りっぱなしということもザラ。
どちらも決してハッピーエンドで終わらないところが良い。
Law&Order なんて、エンディングによってはあまりの後味の悪さに
観終わった後も、どんより気分をしばし引きずることがあるし。
ダークな金八も極道も、決してハッピーな終わり方じゃないもんね。
それか、一見アンハッピーでも救いを感じさせる最後とか←クイズショウ(深夜版)はこっち

だから恋愛モノ、特に「ラブ・ロマンティック・コメディ」と、銘打たれてるものは
映画でもほとんど観ない。
「この夏。女性が一番観たい映画です♪」なんて、反吐が出ますわ。
興味ないもん、例えフィクションでも他人の恋愛なんて←身も盖もない

仕事はまだ当分バタバタしそうだけど、テストや課題に追われていた学生時代と違って
ドラマや映画を観られる時間があるのは素直に嬉しい。
日本にいた頃に比べれば全然観ているうちに入らないんだけど
その辺は少しずつ開拓していくつもり。
日本に限らず、こっちでも下らない番組は多いけれど
スタッフの心意気がビンビンと伝わる良質の作品もまた多い。

茨木のり子の詩じゃないけれど、自分の感受性は所詮自分で守らないといけないからね。

では明日に備えてそろそろ寝よ。


心のプロペラ回して 両手をひろげたら

今日は カナダ建国記念日(Canada Day)のためお仕事はお休み。
去年のこの日はお花屋さんバイトをしていて、午後から突如降った豪雨のため
街中がえらいことになってましたが(床下浸水被害にあった住宅多数)
今年はそんな心配は無用な、見事な青空&気候な日に。

で、今日はうちのラボの同僚スタッフちゃん達と映画鑑賞に。

作品はディズニー&ピクサー配給の「UP」←音出まっせ。そして英語でっせ。
邦題は「カール爺さんの空飛ぶ家」だそうですが。。。
それにつけてもおやつは。。。いや、なんでもない。

ここ最近のヲタ話題から鑑みれば「やまざきがディズニー映画だと?!」と
思われることでしょう。当の本人もそう思っていました。

しかし。

この作品、かなり好きかもしれん。。。。。

表向きは子供作品なので、ラストはハッピーエンドの大団円なのだけど
序章ともいえる、主人公のカール爺さんがこのストーリーを始めたきっかけというのが
こちらの予想だにしなかった展開で、不覚にもちょっと ウルっ と来てしまったわ。
ちなみにこれは予告編ではわからんようになってます←商売うまいぜ。

基本的にあらすじを述べるのが非常にヘタクソなやまざきさんなので
機会があれば「観ても損はないと思う」としか言えませんが
途中で天空の城ラピュタをモチーフにしてそうなシーンがちらほら。

まぁ、飛ぶのが「家」か「城」かの違いってだけで、意識してる気はするけど。

あと、単純にアニメという類いではなく、質感といい奥行き感といい、全く違和感なし。
これにはビックリした。シュレックの画質に少し苦手意識があったから
数年の間に技術はここまで進んでいるんだなって。

一緒に観に行った同僚ちゃん達も「ちょっと泣いちゃったわー」だったし
帰りの車の中ではしばらく作中の台詞を使って、物まね大会してしまったし。
ちなみに私が使用した台詞は

I am not your master! (キミのご主人様じゃない!)

さて、これはどのシーンに出て来るでしょーか?

でも一番好きな台詞は

It's just a house (たかが家だ)←きっと意訳

文章だけみると「それがどーした」的なフレーズだけど
全編、特に先述の序章を経た後に聞くと、なかなかじーんとするのですよ。

日本にいた頃も「所詮、子供向けの絵本」と、立ち読みついでにページを開いたものの
読み終わると同時に涙腺決壊ということはよくありますが←昔、梅田のジュンク堂でやってもた。
この作品もお子ちゃま向けに見せて、実は大人でも立派に観賞に堪えうるクオリティかと。
むしろ酸いも甘いも噛み締めて来た大人が観るべきだろうなー。
でも観終わった後は、原題通りに気持ちが「UP」してくるお話です。

そして明日からまた仕事。
気持ち、一気に Down した。。。。。

まだ飛べない雛達みたいに

今週は久々に人としてあり得ない生活をしておりました。
金曜日の夜からネット三昧。土曜日なんぞは外に一歩も出ず。それ以前にベッドから出ず。
パンとポテチとフルーツをちょこっと齧っただけでネット三昧継続。
日曜日はやっと午前中に起き上がって、掃除と洗濯をしたものの
それが一段落したらまたネット三昧。そして昼寝。

あー 幸せ♪←どうしようもない

そんなにネット三昧で何を観ていたのかといえば、演劇動画にライブ映像。
はたまた懐かしのテレビドラマなどなど。
さっきまでホロヴィッツのラフマニノフ演奏を聴いて(観て)おりましたし
その前は寺山修司作の「蝶服記」という実験映画。

あるところにはあるもんだわ。。。。ってことで、要はヲタ生活しておりました。

このどっぷり内向的な生活のきっかけとなったのが、先日最終回となった「ザ・クイズショウ」
いくら愛する侯隆さんが出演とはいえ、深夜ファンにとってはかなり不安を感じたゴールデン版も
最後2話の熱演にはかなり惹き込まれてしまいました。

やっぱり侯隆さんは美しいわ(うっとり)
痩せたことで、彼の持つクールな美形っぷりが本間に嵌りまくったわ(うっとり)
なんか山岸凉子の作品に出てきそうだわ(うっとり)

顔面命なジャニにあって、あそこまで身体中の体液をダダ漏れまでしての演技に脱帽です。

よかったわー
侯隆さんのファンになって(恍惚)

でもね、いくらファンでも「素晴らしかったよ!」と、盲目的に大絶賛は出来ないところが
私の哀しい性格。中途半端に演劇好きなもんだから、やはり当初の懸念事項だった
脚本に一番がっかりしましたわ。
深夜版も決して完璧な構成ではなかったけれど、あれは深夜という時間帯に加えて
主演二人の「濃さ」で乗り切った部分があったと思うのですが
ゴールデンではその濃さはもちろんなく、でも最後は本間一人が重罪という
青春編と謳っていた割には、一番救いのない終わり方だったってのが腑に落ちない。

で、この自分の中の不完全燃焼感を落ち着かせるべく、昔のドラマを観てまして。
といっても、全話じゃなくて好きな回だけ。

主に観てたのは「池袋ウェストゲートパーク」と「Dr. コトー 診療所」

カラーが全然違うのは私も充分承知しております。でも好きなんだもん。
クドカン作品では「タイガー&ドラゴン」が一番好きなんだけど
それは見つからなかったので、時点のIWGP。
木更津キャッツも好きだけど、真っ先に頭に浮かぶのはこの2作品。

コトー先生は、中島みゆきさんの曲にあわせて流れるタイトルバックが好きなのと
なんといっても吉岡秀隆を始めとする出演者の演技ですわな。
特に8話のあきおじの回は、何度観まくったかわかりませんわ。

そして私は考えていました。
侯隆さんに似合うのはどちら向けの作品だろうかと。
えぇ、気分はすっかり「ユー、やっちゃいなよ」なジャニーさんですよ。

クドカン作品はジャニ出演率が高いのは周知の事実だし
実際、うまくはまれば大化けするし(例:岡田君)。
また一見、軽い台詞のように聞こえても、その裏はとても深い意味が隠されてたりして
その辺のクドカン的カタルシスがファンにとってはたまらん訳ですが
侯隆さんのイメージではないのよねぇ。

いちファンの戯れ言として言うのならば、コトー先生のようなテンポはゆっくりでも
台詞の一つ一つが丁寧に作られた作品に出てもらいたいなぁ。
主役じゃなくってもいいの。むしろ主役よりも2番手、3番手の方が彼に合う気がするのよね。
今回のクイズショウ出演で「感情の盛り上げ方が上手いかも?」って思えたから
そこが丁寧に書かれた脚本なら、本当に化けるかも。いや化けて欲しい。と思ったので。

えぇ、ファンの欲目ってことは百も承知。
でもそんな欲目を思うのも、ヲタの醍醐味ではないかと♪


続きを読む
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。