大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私達は10を3で割る会話はしないわよね。

気が付けば一ヶ月も更新してませんでしたことよ。

生きてますよ。
お仕事3つ掛け持ちして、日々銭ゲバな生活ですよ。
来月1日はカナダ建国記念日なので、新聞配達もお休み。
久々に「寝倒すで!!」と、意気込んでいたのもつかの間
「休日時給」という言葉につい惑わされて、花屋さんのバイトを入れてしまいました。

それぞれのお仕事にそれぞれのよさがあるので、それなりに楽しんで勤労してるのですが
やっぱり自室に戻った途端、緊張(?)の糸がプツンと切れるようで
晩御飯前に軽く仮眠を取るのが日課になりました。

でもこの前、夕方5時に横になって起きたの夜中2時やったのにはビックリしましたけど。
これじゃ仮眠ではなく、就寝時間が5時ですやん。

そして明後日から20日間の夏学期が始まります。
なのにまだテキスト読み終わってない・・・・・・

本当言うと、日記更新する時間はないことはなかったのです。
だってありとあらゆる動画サイトで演劇画像観てる暇があるんだもの。
それも寝る間を惜しんで観てるんですから、全くもって本末転倒ですわな。

前回紹介した「髑髏城の七人」もいまだにリピートしてるんですが、最近は大人計画
マシーン日記」がお気に入りです。お試しとして最初の20分だけ添付。
ちなみに、音出まっせ&右端のコマンドにてコメントは消して観た方がよいかなぁ?



この日記のブックマークにもあるように、私は松尾スズキ氏の文章が好きですし
なんといっても阿部サダヲは「稀代の天才役者」と信じて疑ってないところがあるというのを
差し引いても、このお話は私の好みの上位にランクインです。

観る人によっては思い切り嫌悪感があるでしょうねー
舞台のシチュエーションも結構エグいですし、放送禁止用語がんがんだし。
でもその嫌悪感というか、この後味の悪い濃密な世界観が大好きなんですわー。
そんな物語の中核を担う、片桐はいりの怪演(としか言えない)が忘れられなくて
何度もアクセスしてしまう私。こういう作品、こっちじゃ観てないなぁ・・・・・

ついでにこういうのも観てないなぁ←音でまっせ。

実はこの元歌持ってるんですよ。
で、何度も聴き比べてはその パクリっぷり リスペクト振りに感動しております。
それにしても、なんのかんので歌も芝居もうまいな、宗家の嫁は。

んで、その後にこれを観て(音でまっせ) 

かっこいいぃぃぃ!!!
全編観たいぃぃぃ!!!!!
 

と、涙目になるのが最近のお約束。

なんて最高級なB級テイスト。
いろんな意味でToo Much を全力でやる大人達。好き好き、大好き。
それが今じゃ、チケットが1万円以上する商業劇団様ですよ。
昔はこんなことやってたのに。



これ、生で観たわよ。
特に二番目の曲は、いまでも軽く歌えるわよ。
そのくらい、曲と歌い手のインパクトが強かったってことなんだけど。

それが今じゃこれですよ。



これが続き。



主役が高麗屋のボンでっせ。場所も新橋演舞場だし。
脇も有名俳優ががっつりだし。そりゃチケットも高いわなぁ。
でも個人的には眼鏡かけた空を守護する龍神が好き。てへ♪

それにしても、久々の更新なのが相変わらずヲタネタって。

ま、いっか。夏休みだもんね♪


スポンサーサイト
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。