大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えるヒト。

「1ヶ月早いけどお誕生日プレゼント♪」というママさんの前置きと共に、巷で今(多分)話題の
「ダヴィンチ・コード」の原作を頂いた。
なんで1ヶ月早いのかといえば、ママさんが私の誕生日を1ヶ月(正式には1ヶ月と4日)勘違いしていたから(笑)

理由はどうであれ、読みたいと思ってたからとても嬉しい。
ホントにありがとうございますです。早速、今晩から読もうっと。


さて、今日のお仕事。

以前の日記で2件の実験、生きてるネズミちゃんを使うか、はたまたネズミちゃんの細胞を使うか と書いたが
特に後者は「神経形成(neurogenesis)」神経細胞はどこからどうやって発生するのか?といった研究で
さらに今回は「免疫組織化学(immunohistochemistry)」のテクニックを利用している。

脳組織内にとあるたんぱく質を投入して抗原(antigen)を作ったあと、今度はその抗原に反応する抗体(antibody)を投入。
この抗体の後部には発色物質があるので、電子顕微鏡で確認した際に光るぽつぽつが見える場所=抗原がある場所となる。

この方法を利用すれば、神経細胞が一番多く発生する場所がどこなのかわかる仕組。
その場所は海馬(hippocampus)内にある脳室下帯(subventricular zone)にあって、そこから生まれた神経細胞は
嗅球(olfactory bulb)に伸びている。ネズミちゃんを始めとする哺乳類は、だから嗅覚が敏感。
人間の場合、実際はもう少し複雑らしいけど(多種多様な環境のせい?)、それでももし私達の嗅覚が使えなくなったとしたら
同時に生殖機能もなくなる、つまり子孫が出来なくなるそうな。
古代から受け継がれている遺伝子の記憶はお互いの伴侶選びにも作用していて、無意識に
「自分の好みの匂いを持つ相手(フェロモン?)」を選ぶという説があるらしい。

ということは、私はまだ好みの匂いの相手に出会ってないと?←誰も聞いてませんよ。

また神経細胞には、主役であるニューロン(neuron)とサポート的役割を持つグリア(glia cell)の2種類あるが、それらの原型である幹細胞(stem cell)の段階では、どの細胞がニューロンになるのかグリアになるのか、まだ解明されていない。

ということは、ここで一発ドカンと当てれば私も文化人の仲間入り?←誰も聞いてませんよ(その2)

この研究をしている院生のNさんは、毎回実験の前後には必ずレクチャーをして、こちらの不明点がなくなるまで
何度も、でもいやな顔一つせずにとことん教えてくれる。そんなNさんの口癖は

この実験はボクも始めてやることだから、どういう結果になるのかわからない。
だから質問があっても「くだらないかも」とか「初歩的過ぎて」といった遠慮はいらないよ。
どんな質問も全て「Good question」。


ではお言葉に甘えまして。と、どんどん聞いている。
中には「すんません、もう一回説明して下さい」もザラ・・・いや、しょっちゅう。
その度に説明方法を変えてキチンと教えてくれるのが凄い。
それに↑なことをいえるということは、精神的余裕のある証拠だし。
やっぱり頭いいなぁ、この人も。
普段はバカ話ばっかりしている楽しいお兄ちゃんなんだけど。

ぼちぼち研究コンセプトを掴み始めた最近では、まず実験環境(使う薬剤など)をホワイトボードに書いた後
「結果はどうなる?」「なんでそう思う?」と、ガシガシ聞いてくる。
それに答えられなかったら、また一から。これの繰り返し。

この過程がまさに「モノを考えること」なんだろうなと、今さらながらに思ったりして←遅いよ。

そりゃ、身につけた知識が血となり肉となるわけだわ。

この経験が、来学期以降の私のステップアップに一役買って欲しいな。いや、ぜひ買って下さい。お願い。


今日の論文(本日の内容は主にここから):

Jessica B. Lennington: Neural stem cells and the regulation of adult neurogenesis

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。