大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣は何をする人ぞ。

先日、地元の新聞に「元殺人犯が6年の刑期を終えて出所した」という記事と共に
本人の顔写真&出所後の滞在予定地を掲載した。
ふ~ん。と思ってその場所を確認してみたら、なんとまぁ、学校のすぐ側ではないですか!

今回掲載した大きな理由として「刑期中に更正の後が伺えなかった」ので「地域住民に注意喚起を促す」ためとあったけど、同時に「必要以上に(彼に対して)過剰反応しないよう」と追記してたものの、でも普通はちょっとビビるよね。
普段、こんなことしないのに「なんで今回に限って?」とか「よっぽど危険人物なんじゃないの?」とか。
また当の本人の顔写真も、典型的な悪人顔でして。

なので、ここしばらくの間はこの話題で持ちきりでした。

被害者の人権と加害者の人権。

個人的には性犯罪者、特に子供相手の性犯罪者がこの世でもっとも鬼畜だと思っているので、人権なんてもっての他。末代まで祟られてしまえ。と思っている口ですが、それ以外の事件による被害者と加害者の関係については「どっちがどうなんだろう」と悩んでしまう口でもあります。

ずいぶん前に読んだ新聞記事に、未成年の女性が浮浪者に襲われたという事件が記載されていましたが、中身をよくよく読んでみると事件発生時間は午前2時過ぎ。事件現場は大阪でも有名な浮浪者の多い場所。ええ、あの辺りですよ←関西人に告ぐ。

そんな時間にそんな場所をうろつく未成年のお嬢ちゃんも被害者。
顧客との打ち合わせのために出張日を変更したその日に、対向車とぶつかって亡くなった人も被害者。

命の重さは皆一緒だけどね。
なんというかね、うん。

今回の、学校近くに滞在するであろう前科者はそんなに長くはいない気がします。
そりゃ、こんなにデカデカと世間に発表されたら居辛いでしょうよ。

じゃぁ、もし発表されてなかったら?
最近の事件で必ず聞く「普段は普通の人でした」

騙す人より騙される人になる方がいい。と、どっかの何かの言葉にありましたが、自分の身を守るためには「前後左右に敵は潜んでいる」と考えた方がいいんでしょうか。

なんか寂しいですなぁ。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。