大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告。

どーもです。

パソコンは相変わらず不調です。音がします。動作が鈍いです。
自分で処理するにはもう限界!ってことで、メーカーサイトである「○芝・ヘルプデスク」に
状況をメールしたところ、予想以上に懇切丁寧な対応策のお返事を頂戴したので、今週末にでも着手をば。
最悪、システム再インストールするかもですが、それで使えるのなら言うことないし。

本来なら旅行記の続きを更新すべきなんでしょうが、そのつなぎも兼ねた(全然兼ねてないけど)最近のやまざきさんの近況なんぞをダイジェスト版で。

・来学期も引き続き研究所でバイトが出来ることに。授業と並行なのでフルタイムではないけれど、それでも毎月のお家賃は余裕で払える収入は確保。おかげで、この夏で得た「お家賃用」と考えていた収入は来学期の学費に。来学期の学費にと定期預金していた分は、途中解約することなく満期まで残したまま、その次の学期用にまわせることに。
生活基盤の確保が徐々に出来つつあって嬉しい限り。

・研究所のお仕事と同時に、以前からやりたかった自主研究プロジェクト(Independent Study)も同時並行予定。つまり来学期は「単位もお金も稼げる」という一粒で二度美味しいシチュエーションに。
だけど私がやろうとしているテーマは「もう少し絞込みが必要」とのことで、例によって「もっと論文読みなさい」命令がS教授から下る。でも着眼点は悪くないそうなので、あとは突破口を開くのみ←と思っているお気楽な自分。

・9月からの就職のために研究所を去る学生達のために、学校近くに住んでいる院生の家にて歓送会。
S教授の気合の入れ方は凄まじく、6時からの開始にも関わらず3時過ぎには自らスーパーへ行ってバーガーやホットドッグ、そしてビールの買出しに。「ビール以外の飲み物は各自で」ということだったので「レモネードカクテル」とか「ココナッツ味のラム酒」などのスィーツ風味な瓶が並ぶ中、私が持参したバランタインは小瓶とはいえ色んな意味で違う輝きを放っていた。

・S教授を始め周囲は、私は「飲まない(飲めない)子」だと思っていたらしくバランタインを出した途端、目を丸くしてビックリしていた。何をおっしゃるうさぎさん。元職場の人間が聞いたら腸がよじれて切れるほど笑いまっせ。てか、お酒嫌いな人はスコッチ持ってこないのでは?

・なんて思いつつも「えへ♪」と笑いながらまずはビールの栓を抜くと。研究室の男子生徒達が、私のことを構いつつ飲ませようと多種多様なお酒を出してくれるものの、どれも甘い甘い。「とりあえず、ジュースと混ぜなくていいよ」という言葉が前歯の先っちょまで出かかったものの、それでも「えへ♪」と笑いながら全部受け取る。そして全部飲む。

・しかしアルコール度数20前後の酒は物足りなく呑み足りなくで、宴もたけなわにも関わらず、頭の中は「いつバランタインを開けたろかい」しか考えてなかった。同時に、元職場環境のアルコール摂取量の多さとレベルの高さに改めて感服する。ついでにそんな環境についていっていた自分自身(の肝臓)にも感服。

・「『I am drunk』は日本語でなんていうの?」と聞いてきた男子生徒の一人に「酔っ払い」という単語を教えてあげたところ、濁音の響きが非常に気に入ったらしく「ヨッパライ♪ヨッパライ♪」と歌い出す。それを聞いた別の男子学生が「ラップみたいだ」と、DJっぽくターンテーブルを回す振り。ついでに「二日酔い(hung over)」も教えたところ、さらに盛り上がる2人。そこだけクラブな空間。でもフレーズは「酔っ払い」。最後は「二日酔い~!」のシャウトで締め。

・結局「もっと呑もうよぉ」という男子学生チームのお誘いを丁重にお断りして、11時前には自宅着。以前なら「11時?今から腰据えて呑む時間でしょ」と意気揚々としていた時間帯に帰宅するなんて、昔の私からは考えられない。大人になったわと自分で自分をちょっと褒めた←根本的に何かが違う。

・二日酔いもなく、翌朝はすっきりしゃん。でもお昼寝しまくったので、実働活動時間はほんの5時間ほど。


夏休みもあとわずかとあって、今月は何かとイベントが多い研究所。
基本的には全参加(今日書かなかったネタはまたの機会に)。
数週間前まで体調崩してた人とは思えない。
てか、こういう気晴らしをする機会がなかったから調子が悪かったのかも・・・・・という言い訳をしつつ、今日はこれにて。


では久々に「本日の論文」。
やまざきさんが Independent Study で何をしたいのか、ちょっと見えるかも?

Wiskotto, Rasch, and Kempermann:A Functional Hypothesis for Adult Hippocampal Neurogenesis: Avoidance of Catastrophic Interference in the Dentate Gyrus

Kempermann:Why New Neurons? Possible Functions for Adult Hippocampal Neurogenesis

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。