大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちまちま、こつこつ。

今日から10月。
昔の言葉でいう「神無月」ですな。
確か由来は、全国に棲む八百万の神様が一同に会して、年に一度のこの時期に
出雲大社で大きな学会を開くからでしたっけ。
会期中は、パワーポイントを使ったプレゼンテーションや名刺交換パーティが
各セクションで連日開かれるそうですよ。

そんな「神様のいない」今月。

助けてぇぇぇ

と、救出の雄たけびを上げている人間が一人ここに。

全部の神様が欲しい。そんな贅沢は申しません。
今の私が求める神様は「試験の神様」ただ一人(神様って『一人』って数えるのかしらん?)。

今度の金曜日の Molecular Genetics(分子遺伝学)の試験勉強の真っ最中。
週末に、いわゆる試験範囲として「理解しておくよーに」と先生から配布された
スタディ・ガイドに目を通したところ、あまりの量の多さにテンション急転直下。

しかし、落ち着いて再びよぉぉぉくチェックしてみたところ、確かに今までの講義内容が
全て網羅されているものの、その中で特にメインとなる部分のみをピックアップしているので
(例:遺伝子転写に必要な酵素(RNA Polymerase)について、授業では3種類あることを習ったが
試験で問われるのは、特に重要な機能を持つ2番目の酵素(RNA Polymerase Ⅱ)のみ)
教科書&講義ノートを中心に、もう一度まとめ直してみればなんとかなりそう。
いや、なんとかせねば。

だけど今日は夕方前に研究所へ行って、自分の研究データをまとめに。
免疫組織化学(Immunohistochemistry)のテクニックを使った実験なので
使用している抗体物質(anti-body)の性質上、時間厳守で次の工程に進まないといけないのが
強いて言えば玉にキズ。

前回に、ある抗体をネズミちゃん細胞に注入したのが金曜日の午後3時過ぎ。
次段階の抗体を再び注入するのは、ほぼきっかり48時間後。

だから今日なの。
日曜日の3時過ぎなの。
抗体注入所要時間、ほんの数秒。長くても5秒。
この5秒のために、シマノさんに乗ってひとっ走り行ってきますよ。
正直、面倒くさいですけど。でもしょうがないですわな。

だけど、私の研究は分子遺伝子学とコンセプトがかなりダブっているので
がちっと内容がハマれば一言一句丸暗記する必要はない。
その証拠に、今回の試験範囲にある某箇所の実験手順は、上記の
「5秒で済む」実験システムと考え方が全く一緒。

よっしゃ、ここのパートはもらったぁぁぁ!!!

と、狂喜乱舞したのもつかの間、範囲リストからはちゃっかり削除されていた。ちぇ。

木曜日の夜は軽く見直し程度にしたいから、水曜日には試験勉強を終わらせたい。
前学期はギリギリまでやって、結局、精神的な余裕がなく自滅したからなぁ。
なので、今学期のテーマは「早め早めの前倒し」。

足がもつれてコケないようにしなきゃー。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。