大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白ではないが黒でもない。

テストも終わったことだし、当分はのんびり出来ると思いきや
生物のペーパー(Research Paper)準備をしなければならないことに気づいた。
気づいたといっても脳裏から忘れてたわけではなく、少しずつ資料を集めてはいたものの
そろそろ「たたき台のたたき台」レベルには形作らないとなぁ。
と、カレンダーを見て「はっ!」とした次第。
締切りは来月中旬なので、まだ1ヶ月ほど時間はあるのだけど
だからといって決して余裕があるというわけでもない。

ペーパーを書くにはリサーチという作業は必要不可欠。
ネットや図書館などありとあらゆるツールを駆使して資料を集めるこの作業。
実は、やまざきさんは大好きである。
ESL時代はおろか、1年次に履修した「大学論文クラス」でも先生達から

どこからこんな文献を?!
よくぞ見つけた!!

などなど、お褒めの言葉を頂戴しまくっていた。

根が オタク はまると突き詰めたくなる性格なので、微妙なキーワードの違いから
目的の文献を見つけ出せたことの悦びは、学問の「知る喜び」に合い通じるものがあると思う。

だが問題は、それを文章にした場合。


どこからこんな文献を?!
よくぞ見つけた!!

の後は必ずといっていいほど

あとは文章力がついてくれば、もっと成績がよかったのに。

なんどそう言われたことだろう。
先の「大学論文クラス」のL教授なんぞは、はっきりと

アイディアは紛れもなく Aクラスなんだけどね。

このクラスの成績ですか?
そこから先は察して下さい。

ま、でもカナダ人でも厳しいと言われるこのクラスを受講したのは
ESL終わりたての1年次の頃だしさ。
今、受講したらもうちょっとマシだと思うよ。あはははは←乾いた笑い。

そんなこんなで、このクラスで書いて以来の正式なペーパーとなる今回。
正直、緊張と不安が入り乱れ。
特に今回のガイドラインには、特大フォントで

in your own words (自分の言葉でね)

つまり、文献の内容そのままを書き写すなと←著作権侵害で即零点。下手すりゃ退学。
引用も乱発するなと。

んじゃ、どーするの? 
これを解くテクニックが「パラフレイズ(Paraphrase)」。
日本語でいう「言い換え」または「意訳」。
文献内で利用されている言葉を使わずに、同じ意味に言い直すというもの。

例えば、りんごとバナナと梨がお皿に乗っています。
やまざきさんは「りんごを取りました」。

これをパラフレイズすると

やまざきさんは「バナナと梨は取りませんでした」

と、簡単に説明すればこんな具合。


このパラフレイズというスキル、簡単なようでかなりキツイ。
でもこれは非英語圏の人間だけが辛いというわけではないと思うのね。

・一つの表現を様々な表現に言い換えることが出来る=どれだけ豊富な語彙力があるか
・適切な表現が浮かぶだけの読解力があるかどうか

つまりはこういうことじゃないかなと。

だって、カナダ人学生全員が好成績を保てるほどの語彙力を持ってるとは思えないし
日本人でもそれは同じ。
語彙力豊富な人は豊富だし、いつまでたってもお子ちゃま単語でしか話せない
いい大人もいるわけだし。

なんて、頭ではわかっていてもなかなかそうは問屋が卸しませんえん、いちまんえん。

今回は生物(遺伝子)というトピックだけに、場合によってはリボ核酸やたんぱく質の話もいる? 
もしかして?←今、自分が手がけている研究内容とオーバーラップさせるのなら、余裕でいる。

今、頭にあるアイディアはまだ「点・点」といった感じ(それも極小)。
それをどうやって「点と線」でつなげるか。
なんか、ドキュメンタリー番組作ってる気分だわ。

ここは一つ、気合入れて「取材」ですな。
スポンサーサイト
コメント
お疲れ様です!
『アイディアは紛れもなく Aクラス』
着眼点が素晴らしいって、これ凄いことじゃないですかあ!
『in your own words』
うう、判ります、判りますけど難しいんですよねえ。
語彙力と読解力!
私なぞ、うん十年使ってる日本語でさえ、何ともかんとも扱いかねてます。
「点と線」
どうか上手く繋がりますように☆
2006/10/17(火) 04:22 | URL | ジョナ #GMLiBkns[ 編集]
*ジョナさま

いつもコメントありがとうございますー。

>着眼点が素晴らしいって、これ凄いことじゃないですかあ!

だから余計に、肝心の中身の文章力との差が歴然としてしまうという(苦笑)
自分でもイヤになりますよ。
「面白くなるはずなのに、なぜ面白くならない?!」って。
それが本当に悔しいです。

点と線。
ぜひともばっちりと繋がって欲しいのですが
本当にこの路線でいいのか、もう一度調べなおしてみようと思っています。
ええ、今日、ねずみちゃんとの実験中に思いつきました(笑)

うまくいってくれるよう、ロックの神様にお祈りです♪
2006/10/17(火) 21:08 | URL | やまざき #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。