大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄昏のビギン

ここを長くから読んで下さっているみなさまなら
すでにお気づきのことだと思いますが、私は気持ちの浮き沈みというのが
極端に激し・・・・・・・くは、ないけれど、一度凹みモードに入ると
浮上するのにかなりの時間を有するタイプです。

学生生活、それも「好きなことをしたいから」という大義名分でもって
一見お気楽な世界に身を置いていますが
それは裏を返せば「全ては自己の責任の下に」行動することであって
決して「周囲に八つ当たりする」ということは出来ないわけです。

つまり

なんで私ばっかりこんな仕事せなあかんねん?!
これは、○○さんがやるべきやろう!?
パソコンもロクに出来へんくせに、ややこしい仕事はいつもこっちに回してきて!!

と、フロア端にある休憩室にて、同僚や他部門の部長さん達相手に
コーヒー飲みながらボヤき倒すことは、今の「学生」という身分では出来ないわけです
(注:このシチュエーションはフィクションです。決して事実ではありません)

今にして思えば、不自由と嘆く自由があったわけでして。

だから浮上するのに時間がかかるのです。
文句言う対象が「自分」しかいないですから、自分に甘甘な私にとって
この環境はかなりツライ。

人によってはこういう時、ふと何かにすがりたくなるのでしょう。
神さまとか仏さまとか、「あんた、地獄に堕ちるよ」という極道な占い師とか
私の知り合いも実はお仲間だった「なんみょーなんとか」という呪文を唱える某団体さんとか・・・・・
でも なんで私が自分以外の存在を無条件に敬い奉らないといかんのか
そういう解決方法にはさほど興味はないので、結局他人本願ならぬ
「自力本願」となってしまいます。

では、自分自身を救えるほど自分の力をつけるにはどうしたらよいのででしょう?

この答えがすぐに出ていれば 私がとっくに教祖になってるわぃ
もう少し肩の力を抜くことが出来るのでしょうけど。

そんな禅問答を胸の奥で繰り返しながら、You Tube でとある昔の歌を検索して
その女性歌手の美声に酔いしれておりました。

今日のお題はその曲名から拝借してます。
やっぱりベスト盤を買うべきだったと後悔しきりです。
後悔先に立たず。

今日はいつも以上に脈絡もなくつらつらと。
そろそろ勉強に戻りまーす。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。