大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノートが命。

Molecular Genetics・Neurobiology のクラスとも、授業で使った教材(パワーポイント)を
クラスウェブサイトにアップしてくれるので、基本的にノートを取る必要はない。
クラスメートの中には、パパッと書き写してる人達もいるけれど
もし私が同じことをした場合、書き写すことに意識が向いてしまって
肝心の先生の説明をほとんど取りこぼしてしまうため
最近は専ら、偉そうに腕を組みながら聴講の体制を取っている。

結果は相対的に見て
「ほぉー」と、ある程度を授業内で理解出来ることが多いのが Neurobiology
「はにゃ?」と、真喜男@アグネス学園(だったよね?)のように、首をかしげていることが多いのが
Molecular Genetics(「今頃、首をかしげていていいの?」という意見は、一切受け付けません)

そういう場合は最新ノートがアップされ次第、プリントアウトして授業を思い出しながら
じっくりと復習している。
つまり、さっさとノートをアップしてくれないことには、私の勉強はずっと滞ってしまうということ。

ならばその間は「教科書を読めばいいやん?」と思われるだろうが、3年次にもなると
教科書はあくまでも講義内容の補助というか、参考書のような役目でしかなく
またサイエンスは日々新しい発見・発表があるので、教科書以外の最新情報も講義に含まれる。
それに身も蓋もないことを言えば、ノートをプリントアウト&教科書読んで事足りる授業なら
何も高い学費を払う必要はないはずだし、第一、生徒の出席率が格段に低くなると思う。
そんなクラス、私なら2~3回はサボるね←言い切ったよ。

だから「教科書に載っていない」分野のキャッチアップのために、ノートの即入手は
非常に不可欠なのだが、今回、先生側の事情でMolecular Genetics のアップがとても遅く
さすがに「こりゃ、いかん」と、同じサイト内にある前学期の同クラス(先生も一緒)の
ノートを当座のしのぎ用として使用していた。

そして今日、やっと最新ノートがアップされたものの、そのほとんどが先学期と同じだから
「このまま使おうかな」と軽く考えていたのはほんの始めだけで、スライドの順番は変わっているわ
新たに追加図がいくつかあるわで、結局、再印刷した←これは学生としての必要経費だと思っているから、ケチる気はさらさらないけど、ちゃっかり両面印刷にしてる。

その点、Neurobiology は、すぐにアップしてくれるので、こちらとしては非常にありがたい・・・・・と
思いきや、これ、前々回のと一緒やんけ。 ぶー。
「ちょっと間違ってまっせ、これ」と、ニールに「ガチガチのビジネス文体」で、さっきメールした
(表向き、今学期は「先生&研究スーパーバイザーと生徒」という立場のお互いだが、普段は隙あらばお互いアホなことばっかり言っている。これは私達に限らず、うちのラボの院生&PhD生全員に当てはまることだけど)。

Life is not easy. いや、never easy.

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。