大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物事の見極め。

昔ながらの言葉に「苦労は買ってでもしろ」という言葉がある。
今の自分をワンランク上にアップさせるには、楽な道ではなく、厳しい方・未知の方を選べ。
という意味(だと解釈している)。
だけど闇雲に「やったことない。じゃ、やる」と、決断していいのだろうかと時々思う。

例えば今日のラボミーティングにて。

毎回ミーティング終了間際に、次週のプレゼン発表者をS教授が各メンバーに打診するのだけど
S教授は、私が今学期やっている Independent Study の内容について
「どう? やってみる?」と、聞いてきた。だが、咄嗟に口をついた答えは

No。
イヤでおじゃります。
室内爆笑。

何もプレゼンをしたくないから。が理由ではなく、データをまだちゃんとした形として
取りまとめてなかったのと、そのデータの一部が自分の思ってた結果と少しズレがあるので
その調整(=どうやって最終結果報告に入れるか)がまだだったのとで、自分だけの判断では
プレゼンにGoサインを出していいのかどうかわからなかったからだ。
事実上のスーパーバイザーであるニールは、今日のミーティングに不在だったし。

「あ、そう?」と、S教授はあっさり引き下がったものの
「ちょっとヤバかったかしらん・・・・」と、つい相手の顔色を伺ってしまう日本人がここに。

もしかしてせっかくのチャンスを自分で潰しちゃったかしらん??

いや、でもさー。

↑の要因をすべてクリアにしてプレゼン準備するには、時間が1週間では足りへんで?

いや、でもさー。

そこを「1週間でなんとかする」ことに意義があるんちゃうの?


私の中の天使と悪魔が押し問答を繰り返す。

結局、ミーティング終了後にやってきたニールに「どないしたらええん?」と、相談したところ

来学期以降の方がいいんじゃない?
どうせプレゼンするのなら、もっと内容についての知識を深めてからでも遅くないと思うけど。


なるほどね。
つまりは暗に「もちっと勉強せーよ」ってことを言ってるのね。

・・・・って、こう書くとこちらが拗ねてるような印象だけど
彼は私のレベルを私以上に理解してるというか、いくらこちらが「そんなん、できまへん」と言っても

大丈夫、大丈夫♪ You are smart girl♪

とかなんとかいって、うまくおだててこちらをその気にさせるのがとても上手い。
そして実際、見事におだてられて木に登ったブタちゃんになったことが過去数回。

多分、彼がOKと言えば、私も「やります」と言ってた(やらざると得なかった)と思う。
でも彼は「GO」とは言わなかった。
だから、今回のプレゼンはパスして正解だったんだろうけど
逆にいえば「次は絶対にパスできない」わけでして。

「次」は、非常に過酷な茨道だったりして←やまざきさんってば、猜疑心満々。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。