大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタートダッシュ。

来週から本格的になっていくであろう授業進行に備えて、ただいま躍起となって
生活リズムを調整中・・・・と、いいたいところだが、なかなかどうして毎度苦労している。

特に今学期。
火曜&木曜は9時過ぎ始まりと、一日を有効に使うには理想的であるに対して
月・水・金は15時から。

こりゃもう、自分を強く持たねば起床は昼過ぎになってしまう・・・・・と、頭ではわかっていても
ダメなのよねん。朝がツライのよねん。

特に、カナダの冬は長く厳しい。
よく「すっきりと目覚めるには日光を浴びること」なんていわれているけど
太陽光線を浴びたくても日の出が8時半頃。で、日の入りは16時過ぎ。
つまり朝7時に起きても、外は真っ暗。または雪で真っ白。
1年次の頃、朝8時開始のクラスを受講していた時など、日の入り前に自宅を出て
日の入り後に帰宅していたから、冗談抜きで太陽を見ない日がよくあった。

もともと灼熱地獄の夏が苦手なので、冬は比較的好きな季節であるけれども
それでも太陽を拝めないってのは、気力体力にかなり関係してくるというのは
日々実感している。
実際、日光を浴びている時間の少ない人ほど鬱発症率が高いというデータもあるし。
おまけに私の住んでいるエリアは、カナダでも特異の天候地域であるので
気温がめまぐるしく変更する。
ちなみに昨日の平均温度は+7℃。明日は-30℃
嘘じゃありません。ホントです。

健康管理を含めた自己管理スキルは、海外で暮らす人間にとっては必要不可欠。
特に私のエリアでは尚のこと。

だからなるべく授業が暇な今のうちに生活リズムを整えたいのだけど、授業が暇ということは
「うわっ! 今日中に20ページを読みきってしまわな!」という、切羽詰った状況には
まだほど遠いということで、それ故にズルズルしてしまってるってのも実は一理ある。

んじゃぁ夜型か?と言われればそうでもない。いや、昔は深夜番組しか見ない時期があったので
(怒涛のくるくるシアターとか冗談画報とか)完全に「夜はまだまだこれからさ~♪」な
生活リズムだったけど今はダメ。そこまで起きていられない。よく年を取ると
「夜が弱くなる分、朝が早くなる」というけれど、逆に「睡眠時間が長くなってる」というのが今の私。

このことを友人・知人、親・姉妹に話すと

異国で暮らしてる分、実は疲れてるんじゃない?

と、言われる。よく言われる。
でも、本当にそうだとしたら却ってヤバイってことよね?



時間は有限。

何度か日記で書いているけど、何度でも言う。言っちゃる。実際そうだし。

そしてお金持ちであろうが貧乏であろうが、美人であろうが不美人であろうが1日24時間。
神は時々人を選ぶけど、時間の前では何人も平等。

だからこそ、会社人時代の起床時間(6時過ぎ)で1日のスタートが切れたら理想なんだけどね。

早起きの知恵なんぞありましたら、どうぞご伝授くださいませ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。