大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

551

パパさんが作る料理は、毎日とても美味しいので毎度がつがつと頂いている。
また私自身、食に対しては神経質ではないので、一見怪しげな料理でもまず口にしてみる。
「食わず嫌い」という言葉は、私の辞書にはない。
別に毎日お米を食べなくても平気だとはいえ、それでも日本の食べ物が無性に恋しくなることもある。
さて、ここで問題。

本日のタイトルとなっている数字。
これはなんて読むでしょう?

ヒント:やまざきは大阪出身。

これでわかったあなたは、紛れもない関西人
あるいは関西の達人です。

そう。

答は「ごーごーいち」
決して「ごひゃくごじゅーいち」ではありません。

関西では「ごーごーいち」と唱えるだけで、何のことだか誰もがわかる魅惑のアイテム。

それがこの「豚まん」

butaman.jpg



もっちりとした皮に練り辛子をたっぷりつけ がぶり とかぶりつきたい衝動に
もうかれこれ数ヶ月以上も悩まされている。

店舗レストランもちゃんとあるにも関わらず、私の中では「551=駅構内」というイメージがある。
それだけ関西の主要駅には、必ずといっていいほど551のお持ち帰り用スタンドがあるため
「ほな、帰りに買うて帰ろか?」と、外出先からの帰り途中で気軽に買える利点がある。

が、同乗者に一人でも「551」を購入した人がいるだけで
その車両は一瞬のうちで、豚まんの匂いが充満する。
そのくらい強烈な匂いでもって、人間の空腹中枢をビシバシ刺激してくれる。

昔、551のCMで「お一つ、どーぞ」と、車中の中で豚まんを一つ配ってくれるというバージョンがあったせいか、本当に「誰か、お一つくれんかの?」というアホな期待で胸が沸き踊りまくり、ということもよくあった(特に食欲旺盛な高校時代)。

また、横浜の大学に進学した友達と中華街で食事をした際も
「やっぱり551には負けるね」と、最終結論を出したこともある。

とにかく「皮」が違う。
コンビニなどで売っている「中華まん」の皮は、まるで蒸しパンのようだけど、551のそれは歯ごたえがあってもっちりしている。
そのもっちりとした皮が、中の肉汁を ぎゅっ と閉じ込めてくれるので、非常にジューシーな味わいなのだ。

決してダイエット食品ではない。
それはよーくわかっております。

だけど、ちょっと身体がバテ気味だと感じる時ほど551が食べたくてしょうがない。
ステーキやハンバーガーじゃ、テスト前などの「ここぞ!」という時の馬力は出ない。

だから無性に豚まんが食べたい。
もっと、もっと、力が欲しいからね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。