大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災い転じて。

今日は物理のテスト。問題数はたったの4問
なのに、時間内に全て解ききれなかったという恐ろしい事態に。
あ、これは私だけじゃないですよ。Time Up となった途端、クラス中に悲鳴が上がりましたもの。
教室を出ても「どうだった?」と、今まで話したことない男子くん達を含めてしばらくテストについて
答えあわせをしあったり「もー、だめー」と半泣き状態の女子ちゃんを慰めたり、そのくらい破壊力抜群のテストでありました。

1問は確実に大丈夫と思うけど、あとは「なんじゃこりゃ?」な見たこともない形式ばかり。
とにもかくにも出来るところまで。のつもりで、全くの白紙は作らなかったものの
どれだけ部分点がもらえるかが明暗の分かれ目かな。
あと10分あれば、全部解けたのに。ちっ。まぁ、後の祭りですが。

あとの祭りといえば、先日の生物のテスト結果。
普段なら、終わったことはしょーがないと、すぐに立ち直るのだけど(その代わり凹むのも早い)
今回に関しては「結構がんばったのになんで?」の気持ちが根強く残っていたため
廊下で偶然にあったブレッドくんに「テスト、見せてくれる?」と、お願いして、果たして
彼と私は何が同違うのかとくと拝見させていただくことにした。

そして得た結論。

参りました。

こりゃ、紛れもなく96%取るわ。これで取らなきゃおかしいわ。
唯一の減点箇所は「特定のたんぱく質」と書くべきところを「全てのたんぱく質」とした部分のみ。
あとは完璧。そして完敗。
私のコメントに散々記されていた「Why? What? How?」の答えが、読みやすい文字で
理路整然とまとまった文章がそこに。
今までにもカナダ人のお友達から過去問を見せてもらったことはあったけど
その中でもこの解答は、圧倒的に群を抜いている出来。書くべきポイントをきっちり網羅した
簡潔な文章。決してダラダラ書いてるわけではない。また問題によってはフローチャートや
簡単な図も入れている。

カナダの大学全てがそうなのかはわからないけど、うちの学校は、火・木のクラスが一コマ75分。
月・水・金は50分。つまりブレッドくんは、この内容が充実した解答を50分で書き上げたということ。

ここまで凄いとほれぼれする。

そりゃこの解答と比べられたら、私のは言葉足らずもいいところだわ。
先生の指摘どおり、肝心な部分が何も書けていない。

勉強の仕方というよりも、物事に対する捉え方の視点(着眼点)の根本を変えていくことが
必要だということを、はっきりと思い知らされた。
手を抜いちゃダメね。いや、今までも抜いてたわけじゃなかったけど、まだまだでしたわ。

ブレッドくんのテストは答えの確認だけではなく、今後のありとあらゆる科目のテストに備えての
「フォーマット」として、コピーに取って手元に残しておくことにした。
もちろん、表紙に書かれた「96%」の文字も。
「卒業までに一度は取っちゃるで」と、自分を鼓舞するには十分な材料だもんね。

ホントにブレッドくんには感謝多謝。
多分、来学期からMedical Schoolに転学するはずだから、クラスメートとして
一緒に勉強できるのも今学期がきっと最後。もう残り少ないけど、彼から学べるものは
根こそぎモノにさせていただく。と、固く決心いたしましたさ。

転んでもただでは起きませんよ、あたしゃ。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。