大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずボクは壊す。

全部欲しいから。


相変わらず「一日一歩、三日で三歩」な毎日を過ごしている。というか
三歩歩いて二歩下が・・・・・・ったあと、また一歩下がる。と、言った方が正しいかも。

今日、生物のクラスを正式に withdraw してきた。日本語でいうところの「戦線離脱」。
もともと中間テストの結果により、来学期に再履修することを考えてたけど
それでも「ペーパーでなんとか」と、起死回生のチャンスを図っていた。
が、その肝心のペーパーが、提出日を2週間後に控えたこの期に及んで全くもって進まない。
見事に停滞。
トピックは早々と決めていたにも関わらず、それをどうやって固有のアイディアとして
膨らませていくか、いつもなら「お得意分野」であるはずの作業に
インスピレーションが降りてこない。だからリサーチの段階で、今ひとつ文献を絞り込めない。
先生から出された課題は「最低10ページのペーパーに対して、参考文献30件以上」という
学部レベルのクラスにしては、かなりハードルが高い。
だけど、これが現実。文句を言うわけにもいかず。しかし完全に「煮詰まった」状態。

それに追い討ちをかけるかのように、クラスメートは順調至極。
すでに60件以上の参考を使って書き始めている生徒がいて、その時点で私のテンションは
一気に下降。まだ10件しか見つけてないよ、どうしよう。
「先週から始めた」というブレッドくんでさえ、すでに40件の文献を確保済み。
「こりゃ、まずい」と、とりあえず手元にある論文を読んでみるものの、焦る気持ちが先走って
内容がちっとも頭に入らない。

「まいったなぁ」と、ため息つきながら帰宅後にメールをチェック。
留学センター(International Student Center)から、留学生全員宛のメールが届いていて
「木曜日が Withdraw 申請の最終日」との内容。
最終日までに申請すれば、成績表に反映されないというもの(あと学費も半額戻ってくる)。
いつもなら不要メールとしてすぐに削除するのだけど、今回は「この手があったか」と
とても救われた気持ちに。

それでも即決したわけではなく、しばらく考えつつブレッド君の「96点答案」のコピーを
手にとって眺めてみる。
以前の日記にも書いたように、彼の答案は本当に完璧で今後の私のバイブルになることは
間違いない。しかし、ペーパーでも挽回の可能性が低くなった今、残るは期末テストでの逆転のみ。

だが。

果たして今の私の実力で、先生が納得いく答案を作ることができるのだろうか?
一部の隙もない解答、言い換えれば、どのような質問形式にも揺るぐことなく答えられるほどの
知識の構築を、残りあと1ヶ月で出来るのだろうか?
その前にはまず、ペーパーを2週間で仕上げなればならない。
それも最低20件追加の文献も探しながら。

私、出来る?

無理。

そして今朝、withdraw してきた。今は肩の荷がすっきりして・・・・・いるわけでもない。
なんでだろう、よくわかんないけど。

先生に「今学期はドロップしました。来学期再度頑張ります」旨メールをしたところ
「待ってますよ(I am looking forward to working with you again)」と、予想以上の暖かい返事に
ちょっと目が潤んだ。

来学期に再度履修したからといって、必ずしもいい成績が取れるとは限らないし
パスだけが目的なら、きっと withdraw はしなかった。
だけど「もっと上を目指したい」気持ちが芽生えた今、これ以上成績を落とすわけにはいかないし
本当に心底から「面白い」と思えた内容だったので、自分の将来の「商売道具」にするためにも
もっと真剣に取り組まないと。

来学期が始まるまでに、復習の意味も込めて教科書を読み込む。
これが今年の夏休みの宿題。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。