大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年度末総評。

結局、3月はグダグダグダーで終わってしまった。
もしかして「自律神経失調症か?」と、穿ってしまうほど、気力・体力激減(実際、サイトで症状チェックしてみたら該当する箇所が多かったから、本当にそうなのかもしれない)。
しかし、現実には他の科目のテストや提出物が容赦なくあったわけで、それらの結果が
自分のテンションの低さに比べてそこそこのラインをキープ出来ていたのが、不幸中の幸い。
物理の実習レポでは満点もあったし←やはり私は研究者向き?

ってことは、もし気力・体力が充実してたら「もっと成績がよかったのかも?」という
仮説も生じるわけだけど、そんなたら・れば話は今だから思うことであって
3月は完全なるダメ子ちゃんスパイラルに陥っていたし、これ以上頑張ろうという余裕すらなかった。

何もこれは私だけではなく、テストやペーパー期限が重なる3月は、春学期(Spring Semester)の中で一番ヘビーな1ヶ月であるため、ほとんどの学生が調子を崩したり、軽い不安定状態になったりと
色んな意味で、学校全体がどんよりとした「鬱状態」になる。
おまけにうちの地域はカナダでも天候不安定な場所だから、調子の悪さに拍車が
ターボでかかりまくり。ぶるるるる。

「夏を制する者は受験を制す」という言葉を借りていえば「3月を制する者は学生生活を制す」になると思う。そのくらい、3月(特に今年)は辛くて長い1ヶ月だった。

そんな反省をも踏まえた上で、期末に向けて残り1ヶ月の目標を自分のために覚書↓

朝はキチンと起きてウォーキングなどで太陽の光を浴びる←陽光を浴びることで
体内時計が一定し、体調が整えられるんだそうな。

やる時はやる。でも休む時は休む←やり始めるとのめりこんでしまうので「休む=燃え尽きる」になること多し。そうなる前にこまめに休憩して気力・体力温存。

知ることを楽しむ←一番大事なことかも。一日1つでも未知なことが既知になれば
「毎日がつまんない」ってことには絶対にならないもんね。
特に私の場合、環境にはすこぶる恵まれてるわけだし(研究所やママさんなど)使えるもんは
どんどん使えばいーわけで。

「春は優しくて残酷」というけれど、やっぱり春はどこまでも優しい。
そういう毎日を送れるよう、リハビリを兼ねたラストスパート準備をいたしますわ。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。