大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業務連絡。

フルーツたっぷりのスムージーが飲みたくなったので、学内カフェテリアに立ち寄ったところ
私に気づいたニールとサイモンが手を振ってたので(それも遠くから・・・)お仲間に入れてもらう。
で、ワーワーと3人でアホ話に講じていたら、その話の流れで「今週末どうすんの?」と質問が。

んー、パッキング(Packing)やね。

パッキング? 何それ? ホッケーか?

いや、違う違う。スーツケースに荷物を詰めて・・・

あー、プッァキングね。←私の耳ではこう聞こえた。

そうそう、そのプワッァキング。私の発音、いけてなかった?ってことで、2人による
正しい発音講座のレクチャーを受けたあと、ニールがさらりと

でも正しくは Fudge Packing っていうんだよ。普段は省略形で Packing っていうんだけどね。

へぇ、それは初耳でしたわ。知らなかったよ・・・・・・あれ?二人笑ってるやん。

イヤな予感。

ねぇ、それホントに正しいの??と、真相を問い詰めたところ、なんていうか、まーそのーなんていいますか、かいつまんで言えば「アナルセックス」の意味なんだそうで←ズバリ言うとる。でも言葉の意味はあれだけど、この二人が言うと全然いやらしくないんだわな。

この二人は私に「これ、知ってる?」と、よく口語フレーズを教えてくれる。が、そのフレーズのほとんどはこのような「Bad Word」ばかりなので、実際に使えた試しがない。パパさん・ママさんの前では絶対に無理。でも研究所内なら平気♪ってことで、その後研究所に戻っても、なにかにつけてこの言葉と絡めては3人で笑っていた。

これに限らず今日は何かとケラケラ笑うことの多い日で、まさに「穏やかな春のひと時」という形容がぴったり。のんびりまったりと緩やかに。
でもこの瞬間も確実に「過去」になっているわけで、もう二度と戻ることはない。研究や勉強してるのではなく、むしろたわいもない(なさすぎる)話題で笑っているこの一瞬が、私にとって一番大切なもので、いつの日か当時のことを思い出せと言われれば、きっと今日のこのシーンは確実に候補に入ると思う。

ところで、先のプワッァキングの理由ですが。

来週早々、急遽日本に一時帰国することになりました。予定は一ヶ月。場合によってはひと夏。
理由はやんごとなき事情・・・・・まぁ、つまりは父親が倒れたんですが。
一昨日妹からの第一報メールが届いてから、チケット取ったり、実家に電話したり、期末テスト受けたり、ちょっとバタバタしてた割には今は結構落ち着いています。さすがに知らせを聞いたその日は、気丈にしてたつもりでもちょっとのことでボロボロになってしまい、事情を知ったニールやジェンさんにはずいぶんとフォローしてもらいました。
命に別状はないそうなのですが、意識が少々混乱しているらしく、話はするけど辻褄が合わない・記憶の時系列が曖昧など、後遺症の可能性云々の話も含めて、とにかくこの目で見ないことにはなんともいえません。
本人はそんな状態にも関わらず、ふとした時に私のことを心配するような発言もあるそうです。

理由が理由だけに100%喜び勇んでの帰国ではないのですが、とりあえずちょっくら戻ります。
その間の更新はちょっと開店休業状態になるかと思いますが、気長にお待ちくだされば幸甚です。

あ、私は元気ですよ。大丈夫。
スポンサーサイト
コメント
こんにちは。それは大変です。ただただ大事ではない事を願っています。海外にいるとこういう時ってとても心配になりますが、それが原因で体をこわさないよう、やまざきさんご自身もお体にはお気を付けくださいね。

途中まで、ニールとサイモンがpacking?などと不謹慎に笑って読ませて頂きましたが笑ってる場合ではなかったですね。失礼致しました。

それでは。しっかり親孝行してあげてください。
2007/04/26(木) 21:54 | URL | みみ #poNddq0k[ 編集]
■みみさま

お心遣いありがとうございます。
「笑ってしまって不謹慎」なんて思わないで下さいね。
むしろ笑って欲しい故に書いた Packing ネタですから(笑)

父親の容態については、看護にあたっている妹から届く
メールや近影画像によれば、最悪の事態は免れそうです。
もちろん100%安心も出来ないわけですが。
今後のリハビリの状況によってでしょうね、きっと。
親元から離れていると、特に海の向こうにいる場合
こういう時、すぐに駆けつけられないのがつらいよね。と
先日、お母様の様子を見に帰国していたジェンさんと話していたところです。
海外暮らしをする以上、この辺りのことは覚悟しておかないといけないのかも
しれません。いつの間にか「いつ倒れてもおかしくない年齢になった親」を
持ってもおかしくない年齢になってしまいました。悲しいですけどこれが現実です。
みみさんも機会ありましたら、ぜひとも親孝行なさって下さいね。
2007/04/27(金) 20:55 | URL | やまざき #2Nu45cew[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。