大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能力の低下。

今日は青空広がる麗らかな日曜日。

二日酔いです・・・・

昨夜はママさんの発案による、ルームメイトのGさんのお誕生日会。
ま、お誕生日会を理由にした「ホームパーティ」だったわけですが
パパさんやママさんの同僚達や、ESLの元生徒など総勢20人くらい集まりまして、みんなでわぃわぃしておりました。

Gさんというのは、チュニジア出身(ベリーズじゃなかったわ)で
ニューヨークに5年いたというお姉さん。専攻は会計学(Accounting)。
すでに結婚されているのですが、Gさんが先にカナダ入りして住居や移民手続きなどチェック。その後、旦那さんがやってくる段取りになってるそうで。

「祝ってもらう歳でもないから」と、ご本人はパーティ開催について恥ずかしがっていましたが(私より10歳ほど上らしい)パパさん&ママさんの「ま、ま、いいじゃん♪」という言葉に 丸め込まれ 説得されてこの日を迎えたという次第。

でもね、さすが言いだしっぺだっただけあって、パパさんとママさんの気合の入れようはすごかった。

ゲストに気持ちよく過ごしてもらおうと部屋のレイアウトをチェンジしたのを皮切りに、お酒やおつまみの準備(もちろん、パパさんのお手製)にケーキの予約(これももちろん、Gさんのお名前入り)、そして2人とも散髪してこざっぱり。

準備にここまでかけたパーティですから、そりゃもう楽しくないわけがない。
実はそんなに得意分野ではないワインにも、自然に手が伸びるってもんです。
ゲストの一人が持参した白ワインのあまりの味のなさに

なにこれ? 『水』?

と無礼な発言をしても笑って許してもらえ、さらに「その通りだ!」と賛同してもらえるのがパーティの魅力♪

だけどその魅力が、いつの間にやら魔力になっていたのが酒の席の怖いところ。

こうやってへラヘラっと打ってますけど、実際のところはそんながぶ飲みしてた訳ではなく、むしろ自分としてはセーブしてるつもりだったのですよ。余裕で許容範囲内のはずだったんですよ。
でも自分が思ってた以上に、肝臓の飲酒分解能力はどえらく低下しておりまして

こりゃ、あかん。

「もう寝るわー。ごめんよー」と、Gさんやゲストの面々にご挨拶して
赤ワインのグラスに白旗振って、自室に戻ってベッドにダイブしたのが午前1時半。

会社生活をしていた頃、海外からのお客様を接待した設計部門の某上司に「昨夜はどうでしたか?」と聞いたことがあります。

あいつら、よく飲むよー。
もうすごすぎて信じられない。全然平気なんだもん。
ボクは2時が限界だったね。

ちっ、30分負けたよ・・・←そういう問題ではない。

そんな話を思い出しながら、うつらうつらとしていたら、突然に階下から大音響が! 
地響きが! 
拍手喝さいの音が!

咄嗟に見た手元の時計は、長い針が12、短い針が4の数字を指しておりました。

何をしてるんだ、あんた達・・・・・←アイルランド民謡で踊っていたらしい。

結局、パーティがお開きになったのは午前5時で「やっと寝たよ」と、パパさん。
「今回は遅くまでやっちゃったけど、前回の時は3時半終わったのよね」と、ママさん。
「でも、やまざきもリフレッシュできただろう? あははっ」と、パパさん再び。

リフレッシュどころか、きっと今日は全く使い物にならないと思います。すでに起きたの、お昼前だし←本日の家で一番の早起きさん。
そういえば、昨日から何もしてないや。

来週、テストがあるんだった。
レポートの提出もあるんだった。
読まなきゃいけないパート、開いてすらいない。

気分すっきり♪ どころか、顔色変えて明日からの1週間を過ごす羽目になりそうです。

それにしても、まだ身体がだるー。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。