大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうこんな時間?

夏はすこぶる更新頻度が低いやまざきです。
8月ももう20日過ぎ。

えぇっ?! 嘘やろっ?!

本気で驚愕しております。
「心を亡くす」と書くため、普段は極力口に出さないようにしてる言葉ですが、あえて言います。

すっごい忙しかったのっ!!

その忙しさのほとんどは、異常な今グループのねずみちゃん達のせいなのですが
(またしてもモダンホラー体験しちゃったし。今回の現場はまさに凄惨極まる現場だったわ・・・・)
ひょんなことから、別学科の教授宅でドッグシッターを1週間。
朝、早めに起きてお犬さまのお散歩&お水とフード交換。そのまま研究所へ行って所内を走り回り(残業付・休日出勤付。それも9時間勤務)帰りにまたお犬さまのお散歩&お水とフード交換のために立ち寄り。
おまけに先週から、パパさんとママさんは帰省中なのでご飯の支度もしております。
だってこんなに忙しいのに、家に着くの私が一番早いんだもん・・・・(娘達(娘婿含む)は、散らかすだけ散らかして何も片付けやしねー)。

あと2週間足らずで新学期が始まりますが、その前にちょっと休みたい。
シャレにならん。

さて。

引っ張り倒してきた日本滞在記。
ぼちぼちとですが、やっと着手を始めました。父親も2度目の外泊許可が出るほどに回復してきたし、私自身の気持ちもやっと整理がつきました。
相変わらずトロトロとした鈍い歩みですが、適当な具合でお付き合い下さいませ。
しかし何話目で完結するんだろう・・・・ははは(苦笑)


*************

妹から一報メールが届いた1週間後、私は日本に帰国した。
慣れない空港にて慣れない切符購入し、どうにかこうにか3時間ほど列車に揺られて
母親と妹が待っている駅まで到着。「とりあえずお父さんに『ただいま』だけでも言おう」と
そのまま病院へ直行。面会時間はとうに過ぎていたので、ものの数十分の再会ではあったけど
予想以上に父親は元気で、ホッと胸をなでおろしたのを覚えている。
「じゃぁ、また明日ね」と言って、その日は帰宅の徒についた。

妹の運転で2年ぶりの我が家に到着。
大阪から今の家に引越しした時分、ほとんど空き地状態だった庭は様々な木々や花々、レンガや枕木が丁寧に施されていた。

「これ、お父さんとお母さん、二人でやったの?」
「うん、そうよ。綺麗やろ?」
「すごいねー」
「朝になったらもっと綺麗と思うよ」

もちろん家の中も、引越し荷物でごちゃごちゃしていた2年前とは違い、大阪時代の家同様、調度品やお花が飾られていて両親の好みのテイストそのままのスタイルとなっていた。
しかし、私の部屋は2年前と変わらず荷物置き場となっていて、もちろん寝る場所もなし。
とりあえず私の部屋が片付く間として、母と妹が寝室として使っている和室に親子三人、川の字に布団を敷くことに。結局、カナダに戻るその日まで、その部屋で母親と一緒に寝ることとなったのだけど。

翌日。

母親が自画自賛していた通り、朝日の中で見る庭は本当に素晴らしかった。
中でも一番目に引いたのが、大きく枝を広げた山紅葉の木。紅葉といえば「秋」をイメージするけど、これは年中赤く染まっている種類だとか。

「お父さんが『どうしても』っていうもんだから」

紅葉の隣には白木蓮の若木。
大阪の実家には、花がつく時期になると近所ではちょっとした評判になるほど大きな白木蓮の木があったのだけど、あまりに大きくなりすぎたため「下手に植え替えると枯れる恐れがある」ということで、敢えて残していったうちの一つ。私はこの白木蓮が大好きだったので「木蓮のない新しい家」には、ますます愛着がなくなったという経緯がある。

さらにその隣にはジャコランダ。

20061018jharacanda.jpg


薄い紫の花をつける温暖の気候で育つ樹木。これは、私がLAにいた際にお世話になったホームステイ先のお庭を覆うかのように広げていた大樹が親。母親がLAを訪れた時に一目ぼれをし、あの手この手で苗木を入手したという(多分、下手したら密輸と言われてもしょうがない 苦笑)曰くつきの代物。
まだ幹は細いけど、しっかりと大地に根付いてきているらしい。

この3本の木をメインに、周囲には花や芝生が敷き詰められている表玄関側。
裏には小高い山(というか丘陵というか)を開拓して、野菜や果物畑。ついでにしいたけ小屋なるものまであって驚いた。でも中を覗くと、木耳ばかりだったけど。

2年かけて、両親二人でこつこつとこの庭を作ったのかと思うと、おまけに作業中は喧嘩したり、笑ったりとなんのかんので仲良く二人で毎日この庭に出てたことを考えると、それだけで私の涙腺は決壊寸前だった(実はこの文書を書いてるだけでうるうるしてる)。


今日はここまで。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。