大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吾唯足不知

この間の日記で「気が付けば、あと2週間で新学期」と嘆いておりましたが
結局、ロクに休むことなく新学期に突入してしまいました。
特に夏休み最後の日は、なぜか大学の留学センター経由で急遽依頼された日本企業相手の通訳(もどき)。
お話を受けた時には「軽いミーティング程度」だったはずが、いざフタを開けてみれば「クレーム対策処理会議」という思い切りヘビーな内容で、ただでさえヘロヘロな心身に完璧なるトドメを刺されました。

その間にも真ん中のお嬢ちゃんが、やっとこさモントリオールへご帰還。
朝6時半の飛行機に間に合うため、2時半(もちろん早朝)に我が家を出ると言ったはいいが

なぜ前日にパッキングを始める?!
なぜ深夜に掃除・洗濯を始める?!(もれなくラジオから奏でられる大音響音楽付)

奥歯噛み締め きーっ! となっていた最後の最後で ばんっ という大きくて鈍い音。
今度はなんやねん?!と、ドアを開けたら、壁を見つめてオロオロしているご本人。
そして彼女が指差す方向を見やれば

階段を降りる際、余りの重さに加速がついたスーツケースが壁を直撃。
軽く拳が入るほどの大きくて深い穴がボコリ。

パパなら直せるよね?
←ほのかに涙目の26歳・カナダ人

知らん、んなもん←もちろん心の声。

だから「本は重いから先に送っておけば?」って言ったのに、料金ケチるからー。
こんなに重いと絶対にチェックインの時に追徴金取られるよ。
てか、この時点で時刻は真夜中3時前。

YOU、いっそのこと飛行機乗り遅れちゃいなYO!

思わず、某美少年養成事務所の社長のような口癖を心の中でつぶやきながら
「気をつけて戻ってね♪」と、最後の挨拶をしたやまざきさんでありました
(結局フライトには間に合ったけど、予想通り追徴金取られたらしい。ふふふ←悪魔の微笑み)

根性悪いですかね? いや、悪くなるでしょう、これは。
2番目ちゃんが戻ったにも関わらず、残った末っ子夫婦は何かと物音が大きくて
とうとう業を煮やしたトニー君は「決めた。今月一杯で出る」と、さっき私に打ち明けてくれたし
(末っ子夫婦の隣がトニー君の部屋)。
その方がいいと思うよ。
ESLクラスだとはいえ、普段から一生懸命勉強している彼の努力・立場を理解しようという
心遣いが全然ないもの。

私の場合、ここは「寝る場所とご飯の確保だけ」という認識に至ったので、以前ほど「出たい!」という衝動は治まった。母親のアドバイス通りではあるけれど「割切った」とも言える。
でも一旦ささくれ立った気持ちを立て直すのは非常に時間がかかる、というかしんどい。
去年までは笑ってすむことが多かったのになぁ。私が神経質過ぎるんだろうか?

でもこれら一連を始めとするその他諸々の件により、わかったことがひとつある。

やはり私は非常に「野心家」なんだということ。
もっと上のステージに行きたいし、もっと上ランクの人達と付き合いたい。
「足るを知る」という言葉は私の辞書から消した。今の自分は充分に幸せとはとても思えないから。
この先にはもっと何かがあると思えてしょうがないから。

この「もっと、もっと」が、過去の私の原動力だった。
でも途中でそれがしんどくなって、やっぱりダメだと思って全部やり直すつもりでカナダに来た。
だけど人間は住む国が変わったくらいでは変わらない。
やっぱりダメだと思ったことが「ダメだった」
そして決めた。
「もっと、もっと」の途中で朽ち果てても、それが私の運命なんだろうと。

きっと私は愚かな人間だ。
だけどきっとしょうがない。
これが私のエンジンなんだから。
スポンサーサイト
コメント
ご無沙汰しております。「新学期」...なんと縁遠くなってしまった日本語でしょう(笑)

>お話を受けた時には「軽いミーティング程度」だったはずが、いざフタを開けてみれば「クレーム対策処理会議」

ああ...あまりに日本のカイシャっぽすぎる依頼のしかた。部外者ながら思わず「申し訳ございません」と赤川一平口調になりそうです。「とりあえず軽めに言ってとにかく引き受けてもらえばあとは何とかなる」、こういうことをやるからダメなのですねえ、この国のカイシャというのは。

野心。自分の野心て何だろうってちょっと考えてみました。よく分かんないですが、組織にいるので分かりやすい例ではプロモーションってことなのかもしれませんが、そーいうのにガツガツしてるのは性に合わない、と思ってます。反面、なんというか、組織のなかで職人的(安っぽいシゴトはやらねえぞ的な)ポジションを確保できないもんかなあ、とも。でも、それは日本の組織の中ではかなり野心的かもしれません。

ちょっと長くなって(そして意味がよく分からなくなって)しまいました。ではでは、失礼します。
2007/09/11(火) 07:59 | URL | shiba #lMBqkpAs[ 編集]
こんにちは。お久しぶりです。
きっと本題じゃな一とおもうですが、ついつい反応してしまって。
流石Jにーさん好き。←でもないのですかね?
YOU、いっそのこと飛行機乗り遅れちゃいなYO。
というより、
Youも荷物なんていらないから行っちゃいなYOって感じしません?

野心家ですか...。素晴らしいですね。
そうありたいと思いつつ、妥協してることも多くて
色々と忘れがちになることも良くあります。
もちろん、きっとそれは結構ぬるい野心ってのが
僕の本質なのかもしれないですけれど.....
ではでは。おいらもがむばりまず。
2007/09/11(火) 11:54 | URL | みみ #vBYErOnA[ 編集]
●shibaさま

>ああ...あまりに日本のカイシャっぽすぎる依頼のしかた。

ええ・・・とっても。
今回の人員のフォーメーションは日本から2社(A社&B社)+カナダから1社。
顧客であるA社からのクレームに対して、B社&カナダ社が今後の対策をどうするか。が、主な議題・・・・・であることを聞いたのは、A社さんが来社する前の身内による事前打ち合わせでの席でした。
「やられた」が、まず最初の感想。

>この国のカイシャというのは。

舞台はカナダであるにも関わらず、内容も進捗具合も極めて「ニッポンのカイシャ」でしたよ。場の空気が悪いときもそりゃありました(苦笑)
勤め人経験もあることですし、いわゆる「右も左もわからない」ことはなかったのですが
「もう戻れんな、この世界には」とは思いました。

ま、久々によい経験をいたしました・・・・・ということにしときましょ(笑)

>そーいうのにガツガツしてるのは性に合わない、と思ってます。

そーです、そーです。
私も見るからに「やったるで!」という空気を全身から醸し出すのは
非常にカッコ悪いし、そうなりたくはないです。

>安っぽいシゴトはやらねえぞ的な

誰でも出来る仕事ではなくて「やまざきやった仕事」という証が欲しいわけです。
今のポジションから例を出せば「自分の名前で論文を発表する」ことであって、ラボテクニシャンではないってことです。
もちろん、ラボテクニシャンを低くみてるという意味では全くないですよ(カナダだと高給取り職業の一つだし)。
だけど私の性格から鑑みれば、途中で絶対に悔しい思いをするんじゃないかなと。
自己顕示欲が強いといえばそれまでなんですが、名前が出ることによって生じる様々なことに対して責任を取る必要性も含めて「もっと上を目指したい」気持ちが強くなってきた・・・・・そんな感じですかね。

>でも、それは日本の組織の中ではかなり野心的かもしれません。

私の経験上「会社組織は感情論で成り立っている」と思うので、確かにshibaさんのそれは立派な野心であり野望かも(笑)
「あいつに任せておけば何とかなる」というポジションを、何のしがらみもなく確立することは、日本の会社じゃ厳しいんですかね・・・・・いや、厳しいでしょうなぁ(苦笑)


●みみさま

>流石Jにーさん好き。←でもないのですかね?

でもないこともないです。
かなり好きです、いや好物といってもいい(爆笑)
だけどこの間の帰国で「かつーん以降はもうあかん」ことがわかりましたが。

>Youも荷物なんていらないから行っちゃいなYOって感じしません?

最後の方では「はよ行かんか、ゴラァ!(吹替:竹内力)」でしたわ。
壁を直撃したスーツケースの他に、あともう一つあったのですが
詰め込みすぎて半開きでしたし、おまけにそのままで「飛行機乗る!」って言ってましたし。てか、絶対に無理やっちゅーねん。

あぁ、また怒りが甦ってきた・・・・(苦笑)

>そうありたいと思いつつ、妥協してることも多くて色々と忘れがちになることも良くあります。

私もそうだったんですよ。
だけどなんていうか「守るものもないのに守りに入ってどーするよ?」って、ふと思ってしまって
それからうんうんと突き詰めてみたら、やっぱり上昇気流に乗りたいんだな、あたしゃと。
つまりは「今、ツキまくってるオレに賭けなよ」と言えるような人間になりたくなったんです。もちろんそれは独りよがりの悟りでしょうけどね(笑)

それに、今は学生なので学生の特権として(笑)言うだけ言ってみる+やるだけやってみるのもアリと思う・・・・・ようになりました。
こういう思考になっただけでも、私の中で何かが変わったんでしょうね
(本人わかってないみたいです 笑)

とにかく私もがむばりまず。
2007/09/13(木) 21:09 | URL | やまざき #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。