大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塞翁が馬。

前回の日記で、香港人のトニー君が「家を出る!」と息巻いていたことを書いたけど
3日ほど前に「やっぱり撤回する」と。なんでも親御さんに「まぁ、待て」と言われたらしい。

あら、どっかで聞いたことのあるシチュエーション?

国は違えどいつ何時も親の方が冷静ことか←私自身が冷静にならねばならん年齢ではあるんだが・・・・
しかしその後、トニー君は
「パパさん・ママさん、家賃の値上げを考えてるって」
と、なんとも衝撃的なネタをチクッてくれた。

私達がいる州はオイルマネー&観光産業によって、カナダ随一のお金持ち州であるが
それ故に労働者人口が増えるに従って、住宅の値段が年々上昇しているという矛盾が
最近の問題になっている。
「だから値上げするかもよ?って言ってたよ」と、トニー君は言うのだが、単に

末娘夫婦というタダ食い上等な居候が増えたからじゃね?

あ、言っちゃった。えへ♪

でもそのトニー君のチクリ以降、パパさん・ママさんと話す機会は何度もあったものの
値上げ交渉の話は出てこないし私も絶対に言わないから、二人がどこまで本気なのかは
定かではない。しかし、一難去ってまた一難到来予定。あぁ、人生って面倒くさ。

そんな波乱万丈な今学期。履修科目は4クラス。

・ Cell Biology:前学期ドロップしたため再履修

・ Music in Recital:毎週学校内で行われるクラシックコンサートをレポート&クラシック用語&軽い歴史(バロック時代とか)など

・ Research Methods in Neuroscience:実験プロトコールの組立やプレゼン、データ解析など研究に必要なスキルを叩き込むクラス。ちなみに教室は研究所内。それもうちのラボの隣の部屋。

・ Neurobiology:1年前に受講したクラスが基礎編であったのに対しての応用編、つまり前回よりももうちょっと突っ込んだ内容。講師はニール。3回目のレクチャーが終わった段階で
「進捗スピード早くない?大丈夫?」
「ちゃんとみんな理解できてると思う?」
「みんな授業のことどう思ってるのか聞いておいてよ」など、色々 うるさい 試行錯誤しているっぽい。

最後のNeurobiology以外、リサーチペーパーやレポート、アブストラクトなど何かと書き宿題が多い今学期。そして月曜・金曜は授業がない今学期。つまり実働3日、あるいは週休4日。
決してワザとじゃありません。偶然です。狙ったわけではありません。でも信じてもらえません。

結局ロクな休みもないまま新学期に突入したため、途中で(心身共に)息切れするんじゃないかと
非常に不安だったが、休みがなかった分、体内時計がそのまま継続延長できたおかげで
9時前後にはすでに図書館という日常が難なく確立。
いつもなら最初の2~3週間は自分のペースをつかむまで手探り状態が続くのに
今学期は最初の1週間で「お、これでいける?」的な手応えが。
これぞまさに、災い転じて福となす。

また、現行の実験グループの最終実験&パフュージョン+新規グループ準備のための手術など、なんともいいタイミング(?)でお仕事の過渡期が来ているために、月曜・金曜はほぼ終日研究所。
だから例年以上に「何事も前倒し」するようにしている。

今のところ、全てのクラスでキャッチアップできてるから、この勢いでいけたらいいんだけど。
どっちにしろ前回の「野望宣言」を実現させるためにも、今学期は今まで以上に正念場になりそうかな。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。