大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は火曜日

昨日行われたカナダ総選挙の結果、保守党がカナダ政権を握ることとなった。
実を言うと、日本と違って「○○党の△△をよろしくおねがいします!!!」な選挙カーの類が全くないのと、自分自身に選挙権がないってことも相まって、そんなに熱心に注目はしていなかった。さらさらなかった。

だって各政党の公約も、どれも似たり寄ったりだったしぃ・・・・って
いい大人が言う言い訳ではないですな。すいません。

新政権について、パパさん曰く
「劇的な変化はないだろうけど(私達が住んでいる)州は保守党なので悪いようにはならんと思うよ」だそうな。

今回をきっかけに、今後も新政権の動きにも注目してみよっと。


さて、昨日が月曜日だったから今日は火曜日。当たり前ですね。

みなさんは、1週間のうち「どうもノリが悪いのよね」と思う曜日ってないですか?
「ついてないなぁ」とか「テンションがいまひとつ」という日。

私の場合、それが『火曜日』に多いのです。
日本にいた時からそう。
一言で言えば「やる気はあるのに空回り」もしくは「やる気もないのに空回りせざるを得ない」状況になるという。
こういう時は大抵、物事の段取りが悪くなるのが特徴で、今日はそのせいで、何回本館と別館の往復をしたことか。

私が通っている大学は、カナダでは小規模大学に分類される。
事実、生徒数も7000人程度しかいないらしく、だからキャンパスもそんなに広くはない。
その代わり、西高東低・・・・か、どうかは定かではないけど
アップダウンがかなり激しい。

どのくらい激しいのかというと、バスターミナルがある側(別館)を「1階」として、目の前の坂道を本館に向かって降りていく。もちろん、地面は地続きだから本館の1階も、別館の1階も同じ「1階」だと思いきや、本館1階は「-3階」と表示される(実際は「9階」と「6階」なぜなのかいまだに不明)。

つまり、移動時間やタイミングをよーく考えないと「3階分の高低」を、えっちらおっちら往復する羽目になるということ。
これが結構キツイのよ。
百科事典なみの教科書(それも数冊)を背負いながらだからね。

でもここはカナダ。北の国。ということで、大雪や大風に備えて全校舎は地下道で繋がっているから、無理して3階分をえんやこらしなくてもいい・・・・・・んだけど、地下道使うと遠回りになるのよねー。

だって、目の前の建物にいきたいのに、現時点の場所から大きく後ろに回りこまねばならない経路ってどうゆうことよ?!

なーんてこと、いらちな関西人ならつい考えてしまいませんか?
なのでよほどの悪天候でない限りは、いつも「3階分」を選んでいる。

いい運動どころか、ムダにエネルギーを消費してしまってヘトヘトになってしまい、早々に家に戻ってお昼寝してしまった。
おかげで8割方回復したものの、今日の予定は大幅に狂ってしまったわぃ。

ということで、今から追い込み勉強をば。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。