大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pomp and Circumstance

お昼過ぎに以前のクラスメートと近所のスターバックスで落ち合う予定だったため
今日は図書館には行かずに自宅で勉強・・・・・・のはずが、どーも能率がよろしくない。
やっぱり図書館じゃないとあかんわ。やる気出まへん。
その代わり溜まりまくっていてたお洗濯に着手できましたが。でもお掃除は出来なかったのが心残り。
掃除機、パパさんがどっかに片付けてしまったらしくてねぇ。
ま、どうせ当分は紙類などで埃も出続けるだろうから、テスト終わってから年末の大掃除兼ねてもいいし。
と、まぁ、そんなこんなで勉強よりも家のことを中心にちまちま動いた後、約束の時間も近づいてきたので
徒歩10分足らずのスタバへGO。

クラスメートだったマリリンさんとは、2年前に受講した「Social Psychology(社会心理学)」で
同じクラス+席が隣同士だった人。すでに大学を卒業したお嬢さんをお持ちのお母さん学生さんでもある。
ほとんどのクラスメートは私よりも年下である環境の中で、マリリンさんは
「大人が学生をやっていくしんどさ」を共有できる貴重な存在でもある。
それにカウンセラーを目指して勉強を始めた人だけあって、とても聞き上手。
いつも優しい笑顔と共に、こちらのつたない英語にも「うん、うん」と、相槌+コメントをしてくれるので
授業を履修していた当初から、何度精神的にいろいろと助けてもらったことか。

ここにもたまに書いている「社会からの取り残され感」というのは、私に限らず感じる人は
カナダ人でも感じているというのが、マリリンさんと話すといつも思うこと。
そもそもマリリンさんは私のように「がっついてる」人ではなく、本当に穏やかで品のある女性なのだけど
そんな彼女も、やはり勉強しながらも「本当にこれでいいのかしら?」と不安になることがよくあったらしい。
特に、彼女は家庭を持っているから「勉強しなくても家にいればいいものね」と、何度も思ったとか。
うちのママさんも「5人の子供を抱えてペーパーやったわ」って言ってたし、一旦収まった道から
別のルートに行くには、強くて硬い意志とエネルギーがいるんだな、と、改めて思ったり。でも

「頭ではわかっているけど、それが結構しんどいんですよ」
「そうなのよねぇ」

が、私とマリリンさんの会話の大部分を占めるわけだけど。

たった1時間程度のお茶会とはいえ、いい気分転換になったなぁ。

そんなこんなでここ最近の私のテーマ曲は、相も変わらずのズッコケ・・・・・ではなく
エルガーの威風堂々←音出まっせ。
2~3日ほど前から、なぜか突然にこの曲が頭の中でエンドレスで流れてましてね
それで見つけたこの映像(数年前のプロムスでの演奏)。
元々大好きな曲だったけど、こちらのテンションによっちゃ非常に泣けてくる曲でもあるので
私の中では比較的「取り扱い注意」な作品←うるってきません?ねぇ、ねぇってば?

ホント、格好いいなぁ。
威厳に溢れていて、それでいて華やかで。聴く度に背筋がシャキッとする。
この曲が浮かんだということは「もっと自分に自信を持て」と、無意識に自分で自分を
鼓舞してるってことでしょうかね。

残り1週間強、頑張りますです。
スポンサーサイト
コメント
いーんですよね、コレ。わたしもどストライクの曲です。(そしてとーぜん「取り扱い注意」でもあります)国によっては卒業式の定番てところもあったように記憶してますが。

こちらはある意味ではお気楽カイシャ員なわけですが、それでも「これでいーんかな」と思うことがよくある、という意味ではちょっと共通するところがあるかもしれません。自分の性分もあって、一応いまの組織に順応してはいるんだけど、どことなーく取り残された感、みたいなものはちょっと、というかけっこうあったりします。

って、コメントを装って愚痴ってますね、これ。いや、失礼しました。



2007/12/10(月) 08:09 | URL | shiba #lMBqkpAs[ 編集]
shibaさま

shibaさんにとっても「取り扱い注意」ですか(笑)
ホントいいですもんねぇ、この曲。
同じ島国なのに、一時期「帝国」と名乗っていた時期もあったのに(苦笑)
日本にはなんで第二の国歌的曲がないのかな?とは思いますね。
ナショナリズムという意味では決してないんですけど
純粋に「愛国心」を感じる(感じさせる)対象物がないってのは
国として非常に寂しいなぁと感じます。
特にこのプロムスの映像が凄すぎるってのもあるんですけど。

>一応いまの組織に順応してはいるんだけど、どことなーく取り残された感、みたいなもの

多分きっと、日々の業務がルーティンワークに近くなってるからじゃないですか?
言い換えれば、自分の現在地点が読みにくいとでもいいますか。
私がそうですもん。学期毎に履修する科目は変われども
「勉学する」という毎日は卒業するまで変わらないので
目的地点と自分の距離がほとんど見えないんです。
そんな時にかつての同僚達の仕事内容などを聞くと
「ちぇっ」って思わずにはられない(苦笑)←器量が狭いんで。

自分で選んだ道なんですけどね。
選んだ道だからこそ、モチベーションという名前の
自家発電生産量を保つのに苦労しています。
でもこれこそが「日々を生きていく」ことなんでしょうね、きっと。

忘年会シーズンもたけなわだと思われます。
胃腸・肝臓、くれぐれもご自愛下さいませ(笑)
2007/12/10(月) 18:54 | URL | やまざき #2Nu45cew[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。