大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝動 行動 あと2秒

明日から本格的に研究所仕事再開。

とはいっても、ほとんど私一人で行う作業ばかりだからどうにでもなるんだけどね。
でも前から「5月5日から」って決めてたし、そのつもりで当面のスケジュールを組んだので
夏休み最初の仕事は明日からって言えば明日からです。

同時に夏クラスの初日でもあるわけで。

基本的に夏クラスは受講せずに、次学期に向けてひたすら 銭ゲバ バイト生活に
明け暮れるのですが、今年は初めてオンラインコースとやらに登録してみました。
これで単位が取れれば、学生生活最後となる来学期は最低科目の3つのみでいいから
非常に楽になるはず。

で、そのコースは健康科学(Health Science)から 「Addiction of Youth」という名前。
思い切り直訳すれば「若者の依存症」。
低年齢化が進むドラッグやアルコール中毒、自傷癖患者について

・要因となる背景
・各中毒者の特徴
・彼らを取り巻く環境
・治療方法

などなど、オンライン上でグループディスカッションやプレゼンテーションをして
学んでいきましょうというのが、このクラスの趣旨←シラバス丸写し

私の所属している脳味噌学科の生徒の大部分が、お医者さんになるべく
Medical School へ進学する(私は全くこの路線から外れてる)のに対して
Health Science専攻の進路先は、看護士や医療カウンセリングがほとんど。
なので学部にサイエンスと冠されてはいても、事実上は社会心理学に近いクラスも多い。

この間受講した疫学(Epidemiology)もこの Health Science のクラスのひとつで
ウィルスの伝染メカニズムを扱っているから一応、サイエンス、それも生物学として
履歴にはカウントされているけれど、その授業のほとんどは
「不衛生な状況を生み出すインフラストラクチャーの未発達」など
社会学的なアプローチがほとんどのレクチャーを占めていた。

今回の依存症クラスは、さらに突っ込んだ社会学的な視点や思考回路が必要っぽい。

ラリってる子供がいる社会が存在するってだけで、大問題だもんね。

さっきシラバスに目を通してみたのですが、たった6週間といえども
やることがいっぱいおっぱい。やることと言っても、テストやペーパーではなくて
コースのメインコンテンツとなるグループディスカッション用のリサーチ作業に
時間がかかりそうな予感。

で、早速宿題がでました。

グループメンバーと先生に向けての自己紹介文なのですが
これには以下の3点を含むことが条件。

  - コース受講理由
  - このコースから何を学びたいか
  - 自分的ベストな勉強方法

この宿題の締切は水曜日。
そしてその2日後の金曜日までに Learning Plan と称された研究案の作成。
シラバスによれば

先生が出した大局的なトピックから(例:中毒になる要因とは?)
 ↓
自分の興味あるトピックを絞り込み(例:親子間の関係が希薄)
 ↓
テーマとなる質問を考え(例:なぜ放任家庭が多くなったのか?)
 ↓
その質問に適応する調査方法や仮説を考える

ここまでが Learning Plan.
で、この Plan を基に実際リサーチの後、プレゼンテーションを掲示板にアップして
オンライン上でみんなとディスカッションするのが Learning Products & Responses.


と、ここまで打ってみたものの。

改めてたった6週間で自分がどれだけ出来るのか自信がなくなってきたよ←あかんたれ

教科書はないので、リサーチの出来・不出来が勝敗を左右するっぽいな。
こういう短期決戦の場面ではいつも、自分が非・英語圏の人間であることに
若干の不利を感じるんだけど(ネイティブが1時間で読めるところ、こっちは倍かかるから)
6週間という時間の条件はみんな同じだから、どれだけくらいつけるか。
が、非英語圏が短期決戦に臨む際に必要最低条件

なのかな。

逆に、短期決戦ゆえに途中でダレなくていいかもしれません。


まずはやるだけのことはやります、はい。

スポンサーサイト
コメント
調子はどう?
あれから具合はどう?
レントゲンの結果はどうだったのかな~と
気になってます。
研究所のお仕事も再開で大変そうだけど
あんまり無理しないようにねー。
(…っていつもこればっかり言ってる気がする・笑)

2008/05/05(月) 22:35 | URL | RD #mQop/nM.[ 編集]
RD姉さま
再度、ご心配をおかけしておりますです。
レントゲンはねー、大丈夫でございました。
詳細は日記にアップするとして
とりあえず何事もなかったのでホッとしています。
でも改めて「ええ年して、あたしゃもー」と
ちびまるこな気分もなきにしもあらず(苦笑)

怪我が起こった状況の割には
軽症ですんだので、これは
「あせらずのんびりしなさい」という
お天道さまからの指令なのかもしれません。

と、思うことにします。
本当に優しい言葉、ありがとうー♪
2008/05/07(水) 15:31 | URL | やまざき #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。