大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職業意識。

現在在住している州の保険課からお手紙が届いていた。
「なんじゃらほい?」と、早速開封してみると、90ドル近くの小切手が。送り状も何もなし。
再び「なんじゃらほい??」と、額面をよぉーく読んでみると「Refound」となっている。
つまり返金。
そういえば、学生ビザが7月末で切れるので
「それまでに最新のビザコピーを送るように。そうじゃないと、保険が切れちゃうよ」的な
注意書きをもらっていたことを思い出した。
自分でいうのもなんだけど、こういう書類関係の申請手続きは必ず前倒しで行うようにしている。
勤め人時代、この手の諸手続き代行も仕事の一つだった経験上
「申請手続き着手するタイミングは早ければ早いほどいい」と思っている。
特に政府絡みの書類だと、こちらがいくら早く準備をしても受理されるのは
こちらの期限ギリギリというのが万国共通。

なので、ビザの再申請書類は6月の初旬に学校経由で発送(これは学生ビザに加えて
就労ビザも同時申請しないといけなかったので学校作成の書類を添付しないといけないため)。
それでも2ヶ月分の前倒し。
しかし、ビザが到着したのは7月24日。その1週間前に移民局に問い合わせたら
「ちょうど昨日、あなたの書類は受理されたわ」との回答にぶったまげたことがある。
あまりにぶったまげすぎて、ニールとサイモンに話したらやっぱり二人ともぶったまげていた。
1ヶ月以上も何を審査するんだ、え?

で、州の保険課にコピーを郵送したのは翌25日。
なのに掛け金が返金ってどういうこっちゃ?! ってことで、電話にて事務所へ問い合わせ。

人員削減の余波なのか、この国の電話でのサービスセンターは全て音声ガイダンスに従って
ボタンをいくつかプッシュさせられ、尚且つ10分以上待たされて初めて該当窓口と話が出来る。
私はこのシステムが大嫌いで、オペレーターと繋がった時点で大抵イラついてることが多い。
それでも担当してくれたオペレーターの印象が良ければ、その機嫌も大抵収まるというもの。

保険課のオペレーター?

はっ、最低だったさ。

今回の「なんで返金扱いなん?」という質問について、その彼女が言うことには
「8月10日付の段階で、最新ビザがこっちに届いてなかったから」

へ?
私が郵送したのは7月25日。それも中央郵便局からで、投函した際に所要時間は3日間であると
予め郵便局員に確認済。週末をはさんでいたことを含めたとしても7月末日内には確実に
そっちに届いているはず。

すると

当日届いた郵便物はあなただけじゃないのよ。こっちには毎日何百通の郵便があるの。

はぁ?
だからなんですの?
開封して担当部署に私の書類を転送するのに10日以上もかかるんですか?

とにかくあなたの書類はまだこっちにないの。7月末までにこっちに送れって事前に手紙を送ったでしょう?

だから、ビザが届いた翌日に送りましたけど?

だったらもっと早くビザを申請すればよかったのよ!

と、逆ギレされたので

「ビザを申請したのは6月です。そもそも学校側の書類作成が遅かったせいでこの日でしたけど
私自身は、もっと早くに手続きしてました」と、こっちも逆ギレ返し。

で、結局、私はどうしたらいいんですか?
このままじゃ明日にでも怪我した場合、保険は払ってもらえないってことですか?
こっちの不手際じゃないと思うんですけど?

とにかく小切手は送り返して下さい。その時にビザのコピーも一緒に・・・・・

また?
せっかく送ったのに、また??


もう一回送ってちょうだい。もし急ぎならFAXでもいいから。

あー、最初に欲しかったです、その番号。


結局、正式に手続きが完了するまでに私に万が一のことがあったとしても
医療費はちゃんとケアしてもらえるとのこと。
でもそんなことはこの際どーでもよくって、彼女から一度の謝罪の言葉も申し訳なかったという態度も
さらに、挙句私のせいにしようとしたことに一番頭にきている。

何も私はクレームをつけに電話したんじゃないんだわ。
普通に問い合わせをしただけだったんだわ。
そっちの粗悪な所内システムのせいで、なんで期限内に手続きしたこっちが
「不備扱い」になって保険リストから外されないといけないの?

先週は先週で、バイトしているスーパーのエリア統括部から
「就労ビザのコピーをなくしたから、もう一回送れ」という連絡が入って
「信じられませんわっ」と、ボスや副店長にボヤきまくり。
ボスと副店長は「本当に信じられないよねぇ、ごめんね」「大事な書類なのにねぇ、ごめんね」と
二人のせいじゃないのに謝ってくれたというのに、肝心の統括部からの謝罪は一切無し。
翌日、お給料が振り込まれていたから、向こうとしては「これでいいだろ?」なんだろうけど
コピーとはいえ、思い切り重要な個人情報書類。本当に取り扱いには十分注意してほしい。
下手すりゃ、こちらの滞在期間に関係してくるんだから。と、その日は一日中、腑に落ちなかった。
そういうことがあった矢先に今日のこれときたもんだ。

この国、こういうところは本当にルーズ。
こういうところは本当に大嫌い。

FAX?
もう明日の朝にする。
最初、近くのコピーセンターから送ろうと思ったけど
「送ったところですぐに処理するわけでもなし」と思ったら、一気に気持ちが萎えてしまった。
おまけに家のパソコンだと Word の調子がおかしいので送り状が作れないし。

ビザ申請日から郵送日まで、きっちり時系列で書き記したのを送ってやるわぃ。
んでちゃんとコピー残して、さらに何かあった時にまた時系列でこっちの言い分をかましてやるわぃ。

って、ことがないようにしてほしいんだけどね、本当は。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。