大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だけどその手にゃ乗らんです。

とうとう今日から新学期開始。

えぇ・・・・・とうとう・・・・・

今回ほど、新学期に向けて心の準備が出来てない日はなかったほど
夏休み最後の昨日は、本気で気持ちが落ちてた。
だって朝起きて

今日で夏休みが終わる。
私、全然休んでない。

と、思っただけで涙が出そうになったという。

こりゃ、あかん。

風邪とプチ鬱は、早めの対策が肝心。

ということで、研究所仕事は思い切ってブッチぎり←あくまでマイペースでOKなので問題なし。
お天気もよかったので、自転車でダウンタウンまでのんびりとサイクリング。
片道30分くらいですかね。
途中でお気に入りのコーヒーとお茶の専門店に立ち寄って、朝食用のお茶を購入。
そしてまたのんびりと帰宅。

その後、バイト先のスーパーに寄って買出し。月初めの火曜日は全品15%オフなのだ。
例によって(?)「ダルビッシュ、いないかなぁ」と、内心楽しみにしつつも
気持ちがまだ少し下がっていたので、ギラギラな視線で探すことはなく←いつもはギラってるのか?
「いたらラッキー」程度の期待度で、レジに並んでいたら隣のレーンが空いた。

あら、ダルビッシュがヘルプで入ったやん。

もちろん、そっちのレーンへ即並び替え←やっぱりギラってる

改めて彼の仕事振りを見ると、万遍の笑みで愛想を振りまくタイプではないけれど
商品の袋詰めの方法やお客様とのコミュニケーションのとり方などが
さりげないんだけどきめが細かくて「なるほどー」と、こちらの参考になることしきり。
その接客態度は私の番になっても同じ。
もちろん、私は一応身内であるのでもう少し軽い口調でのやり取りだったけど
アイスクリームとハムを一緒の袋に入れて、他の食品に水滴がつかない+ハムを冷蔵風に
袋詰めしてくれたのはダルビッシュが初めて。
あといつも私はエコバック持参なのだけど、詰め方もとても上手で、持つには不恰好過ぎず
でも無駄なスペースはなくといった具合。
中には「もうちょっと考えて下さいよ」な詰め方する人いるんでねぇ。

ここのスーパーには年会費無料のメンバーシップ制度があって
会計の際にメンバーカードを提示すれば、セール品対象品などがメンバー価格になる仕組。
さらに私のカードは従業員用なので、この日の15%オフに加えて10%オフ。
さらにさらに、協賛品購入キャンペーン中とかなんとかで合計30%オフに。
価格にして20ドルほど安値でお買い物。

また、このカードを通すとレシートにカード保持者の名前がプリントされる。
お客様とより身近になるために、レシートを渡す際にその名前を読んでお礼を言うのが
お店の第一の教育方針で、配属前のトレーニング教育でも何度も出てきた
この店での基本中の基本接客姿勢。

「Thank you for shopping today, Mrs. Smith」

という風に。

でも状況次第では言いそびれることもあるし、人種のモザイクといわれるカナダでは
名前も多種多様すぎてまず読めないことも多い。
実際、私は読めないことがほとんどなので(特に東欧系や中東系)やったことはないし
うちのボスを始め、勤続期間が長い人ほど四角四面のマニュアル通りには接客しないし
その方がこっちもいろいろと勉強になる。
相手のことを考えて接客すれば気持ちは十分伝わるという実践的見本が
うちのボスやベテランさん達だ。

名前、なんて読むの?

30%オフでホクホクしながらクレジットカードにサインをしていた私に
まさかの不意打ち。

えーっと、やまざき。
あ、ちゃう。○○○←下の名前

咄嗟とはいえ、First Name ではなく Last Name を答えてしまった辺りに
私のアドリブ場面での弱さを証明している。そんな私の名前を2回ほど聞きなおした後

○○○ね。ふーん。

まぁ、次に会った時はきっと忘れてると思うけどね(きっぱり)。

私の下の名前をご存知の方は「うっそ~ん」と思われるかもしれないが
日本語では何の問題なく発音できても、英語圏の人々にとっては
どういう音声なのか判断に苦しむのが、私の名前らしい。
特にアルファベットで書かれると、英語よりもフランス語の並びに近いそうな。
例えば Hermes と書いてエルメスと読む。決して「ヘルメス」ではない。
こんな感じで、私の名前についてこんがらがるらしい。
なまじカナダはフランス語スピーカーも多いから。

勤め人時代、ボケの一つとして「私、こう見えてフランス人やねん」と同僚達やおじさま達相手に
言ってたことがまさか真実だったとは←こら。

このダルビッシュの何気ない一言が、私の中のほぼ枯れかけな乙女心に潤いをくれたように思う。
いいのいいの、通り雨で。
だって、朝はどん底までに落ちていた気持ちが一気に上がったもの。
今年の夏を通り越して自分の半生を思って、半分泣きながらペダルを漕いでいたもの。

お花屋さんバイトは今年一杯までのつもりなので(だから年内に就職先を見つけたい)
今学期中にまた何度か訪れるであろう落ちモード浮上に、彼には何役でも買ってもらおう。

うん、そうしよう。
勝手に決めたった、ふふふ。


追伸:
やっとダルビッシュの名前発覚。
もちろんダルビッシュではなかったけれど、Dから始まる名前だった。
それを知った途端「スペクター」や「大久保」が脳裏を過ぎった。
スペクターはまだしも、大久保って・・・・・・・えー・・・・・・

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。