大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きくなったら何になる?

お掃除して運気が上がるのなら、もういい加減その時期が来てくれてもいいんじゃない?

なんてことを思っているやまざきです。
マメに整理してるつもりでも、いつの間にか不用品ってのは溜まるもんですね。
学生やってると特に溜まるのが、ノートやペーパーなどの紙類。
こっちはリサイクルに厳しいので、なるべく公共のリサイクル箱へ入れるのが筋なんだけど
さすがに点数書かれた答案やペーパーはちょっと・・・・・ということで
いつの間にか本棚の肥やしに。
ずっと肥やしになるのなら逆に「捨てちゃる!」と、恥も外聞も掻き捨てられるのですが
意外に「あの時のトピックが今回のペーパーのヒントになるんじゃね?」なんてことが
あったりして、ついつい備えあれば憂いなしなことになってしまうんですわ。

理想の暮らし方は津田晴美さんの「小さな生活」のような
好きなモノに囲まれて、毎日を丁寧に過ごすのが理想なのだけど
理想と現実の違いというか、あまりに理想とかけ離れた生活な現状では
「なにがマルセイユの石鹸だよ。アホちゃうか」と、自分で自分に突っ込んでみたり。

服も全然買ってないしなぁ。
美容院にも行きたいけど、怒涛のペーパー祭りがひと段落つく来週までお預けだし。
久々に自分で切るか?でも、この年になると美容院でゆったりするくらいの贅沢は
一度味わうと譲れないのよね。お陰さまでバイト収入でそこそこ生活できるようになったし
研究所仕事の時給も上がったから、昔ほど「節約!節約!」でキリキリしなくてすむようになったし。

将来、どうしたい? と、聞かれれば。

日当たりのいい部屋で、音楽聴きながらソファでごろ寝。

これが究極の夢です。えぇ、本気です。
さらに「好きな芝居や映画道楽三昧」なら最高。超最高。

それにしても。

この理想の生活の中に「愛する旦那や子供たち」という構図が
一切入ってないってのがいやはやなんとも。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。