大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮き世のさだめと 吹く風にこの身まかせ

カナダを襲っている異常寒波はまだ継続中で
連日ニュースでもその話題がトップかトップ2。
特に今週末からクリスマス休暇が始まるため、帰省ラッシュに備えて
飛行機や列車など交通事情についての注意事項も常に報道。
ちなみに私の住んでいる地域も今週は-20℃前後を行ったり来たり。

だから今日は仕事を休んだ←えぇぇぇっ!?

いや、もちろん天候で休んだってのは冗談ですがな。でも理由の4割はそれかもしれない。

昨日、PGWP&今年いっぱいのSラボでの勤務について
研究室秘書さんと話してたのだけど、年内の勤務はS教授にも了承を得たので特に問題なし。
ただし今年は大学側から「クリスマス休暇中の勤務は原則禁止」というお達しが。
これは毎年のことではあるけれど、今年は特に「厳重注意」とのことで
秘書さんからも「よほどのことがない限りダメよ」と。
異常寒波のこともあるからかな。

その時は「わかりました~」と、返事をしてラボに戻ったのだけど
改めて自分の仕事スケジュールを組み立ててみるべく「来ちゃ行けない日」を
省いてみたら、どう考えても業務に支障が出ることが発覚。
Sラボでの私のメイン業務は細胞を使った解析業務なので
その解析が出来るコンディションに整えるまでに計4日間が必要。
でもどうスケジュールを立て直しても「来ちゃ行けない日」に
最低2日は「来なきゃ行けない」ことになってしまう。

この国、休暇を取ることについては「従業者の権利」ということで
ことあるごとに「休みなさい」「働き過ぎ」なんて言うんだけど
こっちはやることあるんだからしょうがない。
そっちこそ、休むよりに先に自分のやるべきことしてから休んでよ。
権利ばっかり主張してからに。

って、つい思うのは私が日本人だからでしょうかね。

なので同じ来ちゃ行けない日でも、比較的大丈夫だろうと思う日に出勤することに決定。
本当にそうしないと仕事そのものが出来ないもん。もんったらもん。
でもフルタイムじゃなくてせいぜい2時間ほどだから問題ないでしょ。
で、その日の勤怠を別の日に振り分ければいいし。

そしてその振替日として今日は自宅にてまったりしておるわけです。
勝手に決めたけど。でもそれで成立するのがこの国。というか研究所仕事。
基本、自分のことをキチンとしていれば文句言われないし
私の業務は私だけがやってることなので、最後にちゃんと帳尻合えばいいんだし。

やるときゃやりますよ、仕事だもん。

だけどこんなやり方に慣れちゃったら、もう日本には戻れないだろうなぁ。


ところで、誤成績についての返事はいまだなし。
一応、学生組合に申し合わせのメールはしておいた。
ぜひともなんとかなってほしいもので。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。