大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客様は神様です。

クリスマスシーズンは忙しいから。という理由で
今週のほとんどは花売り稼業がメインになるはずなのだけど
昨日&今日の二日間ともボスの言う Crazy busy というほどではない。
お客様の往来が立て続いてばたばたとする時はあっても
それが一日中続く。という状況はまだ経験していない。

やっぱりカナダ全土を襲っている大寒波と、世界的な不況によって
例年よりも客足が揃わないというのが大方の予想。
それでもどこの国でもスーパーは食料品がメインだから
よほどのことがない限り、店全体の経営に響くことは少ないと思う。

問題は百貨店クラスの店舗の場合。
私の住んでいる街には シアーズ(Sears)と
ベイ(the Bay)という二大百貨店があるのだけど
いつもガラガラなのがベイで、そこそこ利用客の多いのがシアーズという印象。
でもシアーズの場合は店舗自体がショッピングモールの中にあるので
モールに来たお客さん全員が実際にシアーズをメインに買い物してるとは限らない。

どちらかといえば私はベイ派だ。
よその街のベイよりも売り場面積は小さいけれど
商品ディスプレイが何となく日本の百貨店を思い起こさせる。

以前、ここでも話した気もするが(でも過去日記をチェックしないズボラな私)
私の父親は某百貨店勤務。
今では百貨店の花形売り場ともいえるデパ地下で、各地物産展などの担当もしてたらしい
(おかげさまで全国各地の有名どころの味はほとんど食したことがある)。

そのせいかどうかはわからないけれど、幼少時から百貨店に行くのが大好きだった。
父親の職場ということを抜きにしても、当時の百貨店が持つ「店内の重厚感」に加え
「電車に乗ってお買い物」という子供にとっては非日常的な移動手段との相乗効果で
「百貨店=特別な場所」という刷り込みが脳裏になされたのかもしれない。

しかしここ数年の日本の百貨店不況のニュースをネットで読むにつれ
私が好きだった重厚感が年々薄れていってることに、一抹の寂しさを感じる。
固定観念かもしれないけれど
「百貨店から高級感を取ったら何が残るよ?」と常々思っている。
カナダにいる今でも思っている。ほんの数十行前にベイが好きと書いたけど
それでも高級感やちょっとした敷居の高さという意味では
日本の百貨店に比べれば足下にも及ばない。
むしろ北米の百貨店と呼ばれる店舗に気品なんてこれっぽっちも感じない。
高級ブランド店舗が目白押しな Saks ですら同じ穴の狢だと言い切ってしまえる。
そんな私がウォール○ートやコ○コ?(日本語だと「ト」が入るの?)なんて
お気に入り店に入る訳がない。と、さらに言い切る。
両方ともこっちにあるけど(どちらも花屋バイト先の斜め向かい)数回も行ってない。
きっと5年で3回ほど。百貨店が醸し出す空気が好きという理由と同列で
激安ストアが醸し出すあの空気が嫌い。
安く購入できるのは消費者としてはもちろん喜ばしいことだけど
だからこそ「安いから」という、ただそれだけの理由であの雑多な空間の中で
財布の紐は緩めたくない(「そりゃお金貯まらんわ」と母親によく言われる)。

私に取っての買い物とは、買う商品が何であれ「自分の価値観を買う」と思っている。
自分がいいと思ったら、自分に必要だと思ったら、その場であっさりと買ってしまう。
もちろんモノによっては比較検討もするけれど、それでもそこで買う決め手は
例えば店員さんの接客態度だったり、店内の清潔度だったり
(ガラスケースに指紋の有る無しは意外にポイント)つまり商品だけではなく
その周りにある全ての出来事を総合して「これなら納得」と判断した結果が
私に取ってのお買い物。

だから百貨店が好き。
百貨店でお買い物するのが好き。
非日常な場所故に浮かれ気分でポンポン買ってしまうのだけど
紙袋たくさん抱えて電車に乗って、家にたどり着いた時に
「疲れたけど楽しかったね」と言うあの瞬間が好き。
もちろんその日は散財しまくってるんだけど
「また明日からしっかり働こう」って思えるし、今までそうしてきたし。

残念ながらこっちではそういう心持ちでの買い物はまだしていない。
まぁ、それ以前にきっと出来ないでしょうけど。

しょうがないこととはいえ、なんだかちょっとつまらんなぁ。

スポンサーサイト
コメント
私、ウォール○ートやコ○コ大好き
前世はアメリカ人?って思ってしまうぐらい
このいい加減な感じと香りがたまらない♪

京都の百貨店なら庶民な高島屋の方が好きで
お上品な大丸は緊張してしまいます
2008/12/22(月) 08:32 | URL | 裕雅 #mQop/nM.[ 編集]
裕雅さま
「怒るでしかし」
いえ、単に言ってみたかっただけです(笑)

> 前世はアメリカ人?って思ってしまうぐらい
> このいい加減な感じと香りがたまらない♪

残念ながら私の前世はフランス貴族だったので
あのいい加減さがダメですわー
特にこっちは単に箱ごと置いてるだけなんです。
なのでディスプレイもあったもんじゃない。
家具売り場の隣でフリース売ってますからね。
そんなの、いやいやっ。

> 京都の百貨店なら庶民な高島屋の方が好きで
> お上品な大丸は緊張してしまいます

大阪で大丸と聞くと「アクティ大阪」しか浮かびません。
最上階だったかその次の階だったか
ABC朝日放送の公開番組用のスタジオだったんですよね。
えぇ、あの「わいわいサタデー」もあそこから放映でしたよ。
でも母親曰く「大丸にはセンスのいい服が多い」とのことでしたが
前世がフランス貴族だった私は(まだ言う)
さらに庶民代表な百貨店こと近鉄が好きでした。

せっかくなので1滴を手に入れたら
裕雅さんと半分こしようと思います。
その場合、縦半分と横半分の
さぁ、あなたならどっち?!
2008/12/22(月) 21:00 | URL | やまざき #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。