大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまざきはホイミを唱えた。

クリスマスイブ。
やっぱりお花屋稼業は一日中慌ただしい。
仕事中はバタバタ走り回っているせいか、時間が経つのがあっという間なのだけど
休憩時間で椅子に座った途端、疲れが一気に全身を襲う。

うぅ、もうこのまま動きたくないわさ。

そんな休憩時間中、スーパーでバイトを初めて以来
何かと私のことを気にかけてくれる経理担当のバーブさん(日系人)から
クリスマスの予定を聞かれたので

「きっと 昼過ぎまで寝てる 部屋のお掃除をしてると思います」

と、力一杯断言したところ

まぁ、そんなの寂しいクリスマスだわ

あら、そうなんですか? 
せっかくのお休みだから 一日中部屋から出ずにヲタ三昧 引っ越しの片付けでもしようかと
考えてましたわー。あははー

ならば。
ということで、娘さん家でのクリスマスディナーにご招待してくれることになった。
クリスマスは家族と過ごす日なのだから、部外者の私がお邪魔してもいいのかと
最初は躊躇したけど、バーブさんの

うちの娘はそういうこと、気にしないから大丈夫♪

ではお言葉に甘えまして。

25日当日の16時半頃にバーブさんが迎えに来てくれることで話がつき
んじゃせっかくなのでその前に、と自室とキッチン&バスルームの掃除をすることに。

まずはバスルーム。
一見普通のバスルームなんだけど、毎日使っているうちに
四隅の汚れ具合や蛇口ステンレスの曇り加減がずっと気になっていたので
私しか家にいない頃を見計らって掃除しようと常々思っていた。
ちょうど昨日から二人のルームメイト(ジャナとシーラ)は
それぞれの実家に戻っていてここ数日は帰ってこない。

よっしゃ、やるで!

最初に箒でホコリを掃いた後、タイル用洗剤を床全体にスプレー。
特に汚れの酷いところはダブルでスプレー。
ここで数分待ってる間、トイレマットを洗濯機へポイ。
ついでにキッチンも同様、箒の後にしゅっしゅっとスプレー散布。
で、モップで一気に拭き取れば汚れとは一気におさらば!

。。。。。あれ? おさらばになんない?

モップする力が足りないのかな?と、ちょっと強めに擦ってもまだ取れない。
かなり強めに擦ってみたら辛うじて取れてきた。でもまだ100%ではない。

いやな予感がする。

この汚れは数週間単位では出来たものではなく月単位、いや年単位ではないだろうか?

そんな仮説を基にもう一度、汚れの部分と部屋全体を見渡してみる。
疑惑は確信に変わった。

あの子達は、掃除しないの??

ジャナもシーラもとてもいい子達である。
まだ引っ越しして10日ほどしか経ってないのに
わざわざクリスマスプレゼントを用意してくれたり
「いっぱい作ったから」と、クッキーをお裾分けしてくれたり
リサイクルショップでの返金を、今度3人で食事などに行った時用に積み立ててたりと
つかず離れずの距離感を保ちつつ、それでいてお互い気を使っているので
ルームメイトとしては二人とも当たりだと思う。

が、それと掃除の頻度は別。

入居してまだ間もない私が耐えられなかったこの汚れ達に
彼女達はまるで気にも留めてない様子。てか、気に留めてたらもっと綺麗なはず。
ということは、彼女達のお部屋はここより酷いってことなの??

いやな予感がする・リターンズ。

どうにもこうにも気になったので、二人の部屋を少しだけ覗いてみた。

まずはジャナの部屋。
彼女がこの家のマスタールームを使ってるらしい。
奥にウォーキングクローゼットらしき入り口が見える。

次はシーラ。
彼女の部屋と私の部屋の広さが同じくらいかな。
こういう家具の配置もありといえばありか。
模様替えする時の参考にはなるかな。

それにしても

二人ともなんて素敵な汚部屋だこと

私の語彙力ではあの凄まじい空間を表現することは到底叶わない。
ジャナの部屋の真ん中には、ほぼ満杯のゴミ袋が鎮座し
その周りには脱ぎ散らかした服の数々。
シーラに至ってはドアを開けた途端、花瓶に入ったままミイラと化していた
バラのブーケが変な匂いと共に視界に入る。てか、二人とも床が見えない。どこ?

人の部屋を勝手に覗いてと思われるかもしれないが、所要時間長くて10秒。
それ以上の直視は「それ、なんて罰ゲーム」と心を込めて言わせて頂く。
汚部屋っぷりもかなりの衝撃だが、二人ともここに彼氏を招いてる事実に
「やまざきは瀕死のダメージをくらった」である。
まるでドラクエ。まるで勇者。いや、王様か。ゴンザレス!

そりゃ、掃除せんわ。
てか、共有場所はあれでもまだ綺麗に使ってたのね。

ならば。

これからは心置きなく掃除させてもらうことに決めた。
誤解のないように言うが、二人に見せつけるために嫌みでやるのではない。
元来、掃除とアイロンがけは好きな家事仕事の2トップなので
本当に私が掃除係になっても構わないと思っている。二人がどうこうという次元ではなく
私自身が掃除の行き届いたバスルームやキッチンを使いたい。ただそれだけなのだ。

それにしてもなぜかかなりの数の掃除用洗剤と用具がシンク下にあって
「掃除せんのになんでや?」と、不思議だったのが
どんな種類があるのかチェックしているうちに、またしてもある仮説が脳裏に浮かぶ。

これらみんな、歴代のルームメイトの置き土産かぃ。。。。。。
そういえばシャンプーやコンディショナーやボディソープも
二人が使うにしては数多すぎ、そして古すぎ。

やまざきの孤独な戦いは、今始まったばかり。



バーブさんとこのクリスマスディナーのお話は次回に。

スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/27(土) 19:49 | | #[ 編集]
隠しコメさま
生活のひとつかぁ。。。。あり得ますなぁ。

カナダ人って本当に片付けないんですわ。
聞くところによると、日本だと放課後は掃除の時間ってありましたけど
こっちはそれがないんですって。
生徒が掃除をするのではなく、掃除担当の業者さんが来て毎日後片付けをするとか。
だから日本人ほど身の回りの整理についての意識が高くないとか。
「誰かがやってくれるだろう」という考えが多いみたいです。
言われてみれば。。。。。んー、確かに。

だけど誰でも汚い部屋よりは綺麗な部屋にいたいと思うのが
人種問わず普通の感覚ではないかと。。。。。いや、そうでもないか。

お掃除は自分のペースでぼちぼちとやりますで。
2008/12/28(日) 19:22 | URL | やまざき #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/28(日) 20:25 | | #[ 編集]
隠しコメさま
そういえば、勤め人時代
「金八先生観るんで、木曜日に飲み会は止めて下さい」と
東京本社の上司&関係者に宣言したことがあります。
で、実際「金八先生があるんで」とお誘いを断ったこともあります。
そこまでハマった第五シリーズ。
兼末健次郎にはかなり本気でシンパシーを感じてました。
あの歪みっぷりが。。。。。って、コメントとは全然違う話でしたな。

こっちは石を投げれば林檎使いに当たるほど
市場は広いので、聞ける人はたくさんおりますのよ

って、なんで話がそっちにいくの??

2008/12/28(日) 21:33 | URL | やまざき #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/29(月) 01:26 | | #[ 編集]
隠しコメ様
そうそう。
今年の汚れは今年のうちに。

でっせ。
2008/12/29(月) 22:45 | URL | やまざき #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。