大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠くで誰かが今 ボクを呼んでる気がする

今朝はラボミーティングの時間を使っての Cluster Cutting 講習会。
途中、20分ほどの休憩を挟んだとはいえ9時から13時までびっしりぎっちり。
ここで今週分のエネルギーの大半を使い込んだ気分。

前半は、M教授による Cluster Cutting&Hyperdrive の大まかなコンセプトについて。

M教授の口調そのものは淡々としているものの、さすがこの分野のパイオニア。
明瞭かつ簡潔。それでいて視点が斬新。例えば
「外部からの刺激でニューロンが活動する」が、教科書的定義とするなら
「活動中のニューロンは外部刺激しているとも言える」と、M教授がサラリと言った時
「あぁ!」と、思わず目から鱗。そんな観点から考えたことなんて一度もなかったもの。

過去の教科書読んで復習。だけじゃダメかもしれない。

だけど、細胞レベルであろうが生理物理レベルであろうが
結局は同じ「脳味噌なんだ」ってことが、頭の中でやっと繋がってきた←遅っ。
外部からの刺激がシナプス回路を通過している時、細胞膜の電位が変化して
それによってDNAがRNAになって、RNAが核の外に出て、そこからアミノ酸になって
タンパク質になって、それでそれでそれでと、まだぼんやりではあるけれど
同時進行中の別室同士の動きが一度に見えて来た。そんなイメージ。

おかげで、後半のD教授による Cluster Cutting 実践講座も
(ほとんど復習だったこともあるけれど)マンツーマンでしごかれていた頃よりは
データの裏にある事象(M教授曰く"Real Science”)が読めてきたような手応え。

でももうCluster Cutting 要員じゃないけどね。あは。

改めてメンバーに選ばれたスタッフは、後日追加レクチャーを受講しろとのこと。
そして来週はいよいよ Hyperdrive 製作メンバーを中心とした講習会。

はい、前評判通り、堂々のスタメン入りでございます。
サイエンスではなく「匠の世界」へ行って参ります
(これまたM教授の言葉を借りれば「This part is NOT science.」)
あと、一人現場実験担当だから手術助手の講習も後々あるらしい。

よっしゃ、頑張るで!


というより、もうどうでもいい。好きにして。

スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/24(火) 08:52 | | #[ 編集]
隠しコメ TMKさま
お気遣い、どうもありがとうございます。
こちらのペースでぼちぼちとやっております。
そちらこそ、大丈夫ですか?
そんなものが元気になっても。。。。ねぇ?

> どうしましょ?

えっと。。。。。。待ちます!

この件については、また追々に♪

2009/03/24(火) 20:01 | URL | やまざき #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。