大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塞翁が馬

「待て、次号!」的な含みを持たせたまま前回の卵実験(ではないけれど)は一旦、休止中。
というのも、急遽マリアンさんの実験を手伝うことになったのがその理由。

彼女のお母さまの具合が良くないことは、以前から聞いていたけれど
まさかフィアンセまでが入院中だったとは知らなかった。

マリアンさんの故郷はグルジア。
残念ながら同じヨーロッパとはいえ、EU諸国に加盟していないため
プラハにいる婚約者の元へ行くにはビザを申請しなければならない。
そのためビザが入手出来るまでには多少の時間があるので
マリアンさん留守中の引き継ぎを受けるべく
実験対象のラットへのトレーニングプログラムを先週から受講中。
問題なく申請書類が通過すれば、マリアンさんは来週初旬にも婚約者の元へ
出発出来る予定だった。

しかし今朝、残念ながら彼氏が亡くなられたと、M教授より研究室メンバーへの連絡が。

マリアンさんはとても真面目な人だ。
常に勉強しているのはもちろんのこと、実験も有効なデータを取るための試行錯誤を
可能な限り行っていて、決して妥協はしない。
でも普段はとても穏やかな女性で、すかたんなことばかりして落ち込んでいる私に
いつも優しい言葉を掛けてくれていた。

言葉が通じないから辛いこともあるけれど、それでも研究は楽しいからね。


これはマリアンさんはもちろん、他の非英語圏出身の研究者達のほとんどが私に言う言葉だ。
どんなに苦労しても、必ずといっていいほど最後には「楽しい」という単語をみんな使う。

だから研究業務は「所詮、お気楽だ」と言われるのだろうか。
以前、ある人から言われた。と、過去の日記に書いたことがある。
そしてその言葉を「一生忘れない」とも。

私がマリアンさんからの引き継ぎ内容を習っていたと同じ頃
またしても同じ人から「人間性を疑う」ことをされてしまった。

その人は自身のブログを持っていて、コメントはしたことはなかったけど
定期的に読むことだけはしていた。
正直、何がいいたいのかわからない内容もあったけど、その辺りの語彙のなさは
私も人の事を言えた義理はないので、あえて目をつぶっていたとも言える。

しかし、ある日の日記は明らかに私の事がネタになっていた。

こちらとしては冗談のつもりで言った一言が、相手次第では冗談では済まされない。
こんな経験は誰でも必ず一度は経験したことがあると思う。

その人の、私についての記述はまさに「私のことを何だと思ってるんだろう?」と
こちらの腸を煮えくり返させるには充分すぎる内容だった。
特に頭に来たのは以下の2点:

1)ドメイン名を晒されていた。
2)私が脳神経を勉強していると書いたあとの「全く困ったもので未だに親の脛かじり
(ではないか?)」という一文。

まず(1)については言わずもがな。
いくら訪問履歴に残るとはいえ、これは明らかな個人情報の漏洩。
基本中の基本なことをご存じなかったのだろうか。

そして(2)。
本当に「親の脛かじり」で学生生活を送っていれば、休みの度に終日働くことはしない。
奨学金申請の規定ラインを保つために、テスト結果の一点に一喜一憂はしない。

確かに何度も凹んだ心理状態の内容を、日記にアップはした。
でもこの日記はあくまでも「人に読まれるための日記」であるからして
書かれている内容は当時の私の日常の一部ではあっても、決して全てではない。

例えば悲しい映画を観て、そこで涙を流すと「優しい子」であって
逆に一度も泣かなかった子は「冷たい」ということなんだろうか。
これと一緒で、事実を全部書かなかったから、だから「いい年して未だに親の脛かじり」と
ずっと思われていたんだろうか? ならば私もここで言わせて頂く。

いい年して、人間性が薄っぺら過ぎる。

マリアンさんが、お母さまと婚約者の具合が悪いと公にしたのはついこの間だ。
その間、どういう気持ちで仕事をしてたのだろう。
どういう気持ちで私に「でも知ることは楽しいのよ」と話してくれていたのだろう。

悲しい気持ちを表に出さずに生活している人間がいるように
「はい、はい」と従順な態度を見せてながら、腹の中ではせせら笑っている人間もいる。

つまりはそういうこと。
いい加減、気づかれたらどうですか?

ブログを読んだ当初は、いかにして窮鼠猫を噛む、いや、噛み切ってやろうかと考えていた。
だから先日の旅行についても、本来なら出発までカウントダウン的なノリで
いろいろ書きたかったのに、前日までテンションが上がらなかった。

あまりの悔しさに、当事者を知っている日本の友人達に一部始終をメールした。
そして全員が全員とも「この内容はおかしい」と、私のために怒ってくれた。

わかってくれる人がわかってくれたらそれでいい。
さらにここで書かせてもらったし。
お陰で私の溜飲は下がった。

今でもその内容はブログに残っているけど、直接メールを送って
「消して下さい」と依頼する気はさらさらない。

てか、もういい。
なんだか、相手にするのもアホらしくてね。

マリアンさんにかける言葉は見つからないけど、せめてこの実験がうまくいくように
いつも以上に細心の注意を払って取りかかろうと思う。

それしか今の私には出来ない。

スポンサーサイト
コメント
何と言うか・・・
>親の脛かじり
やまざきさんのブログを読む限りそんな事を一度も思ったことないです
花屋さんで仕事と勉強してましたやん♪

例え親の脛かじりだったとしても遊んでるわけでは無いし
親が出したいと余裕があり引かないならいいやん!と思ってしまいます
実際に友達にいますから!(この子の場合は何かと親が口出すので大変なようですが・・・)

私は1つの事を研究する労力や知識、探究心は想像以上の努力だと思ってます
もしも、もしも、私に基金と言うものができるなら、難病の研究に関わる場所へ惜しみなく笑顔で寄付しますけど!
だけど残念なことに涙の寄付もできないのが現状です

色んな人間観察や尊敬できる人と関わり「こんな人間にはなりたくない」と勉強していきましょ♪
2009/04/17(金) 11:26 | URL | 裕雅 #mQop/nM.[ 編集]
マイペンライ、マイペンライ!

それも不完全な。。。人間の成せる技ですか。

全てが”曖昧な世界の中で”暮らしているからね。。。。

さてと。。。この辺りからターボキャージャーで一気に”今”を乗り切るかね。。。。

PS:今年我がグループに新人さんが配属されました。。。指導員は誰か?
2009/04/17(金) 17:37 | URL | あるじ #-[ 編集]
裕雅さま

> やまざきさんのブログを読む限りそんな事を一度も思ったことないです
> 花屋さんで仕事と勉強してましたやん♪

裕雅ちゃん。。。。。うぇっ、うぇっ(嬉泣)

> 例え親の脛かじりだったとしても遊んでるわけでは無いし

正直「もうちょっと頑張れたかなぁ」と思う事はあるんです。
でも「やっぱりあの時はあれで精一杯だったわ」という結論に
なるんです。

> 実際に友達にいますから!(この子の場合は何かと親が口出すので大変なようですが・・・)

あぁ、わかるわー
うちの親も昔はそうでした。
援助してくれる代わりに口も出されましたわ(苦笑)
それもあって、自分で出来る限りのことはしたいって思ってましてねぇ。
でもそう言ってもらえる家庭だったことは素直にありがたかったとは思いますけどね。

> 私は1つの事を研究する労力や知識、探究心は想像以上の努力だと思ってます

努力とあと、集中力だと思います。
どの世界もそうですが「手抜き」は絶対にバレます。
サイエンスの神様は本当に気まぐれなので
ちょっとしたサインを見逃すと即アウト!ってことが何度も。
だからこそ、細かい部分までキチンとこなさないと。

> だけど残念なことに涙の寄付もできないのが現状です

全員が全員、具体的な行動に移せるもんじゃないですよ。
そういう心持ちを持ってるだけでも、充分だと思います♪

> 色んな人間観察や尊敬できる人と関わり「こんな人間にはなりたくない」と勉強していきましょ♪

向こうが薄っぺらいんじゃなく、私に厚みが増して来たんだと
思うようにしています。あ、体つきちゃうよ!(爆)

いろいろありがとう。
今回のコメントはいつも以上に嬉しかったですわ♪
2009/04/19(日) 16:21 | URL | やまざき #-[ 編集]
あるじさま
おぉ、とうとう登場しましたか。

> マイペンライ、マイペンライ!

カップンカー(やったっけ??)
サバーイな心境になるには、あともう少し時間が必要かも。

> それも不完全な。。。人間の成せる技ですか。

ホントねぇ。。。。。
今回でつくづく「年齢と人間性は比例しない」ことを
改めて感じましたわ。。。。。

> 全てが”曖昧な世界の中で”暮らしているからね。。。。

だからこそ「相手のことを思いやる」ことって大事だと思うんですがねぇ。

> さてと。。。この辺りからターボキャージャーで一気に”今”を乗り切るかね。。。。

でも今の私は若干エンスト気味。。。。。
アクセル踏んでも、ブスブスと空ぶかし。

> PS:今年我がグループに新人さんが配属されました。。。指導員は誰か?

指導員のことよりも、その新人ちゃんの可愛い子ちゃんぶりが気になる今日この頃なお年頃。

2009/04/19(日) 16:26 | URL | やまざき #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。