大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我清貧之日々

昨日は帰宅途中でスーパーに立ち寄って買い物して、家に着いたのが5時半頃。
「晩ご飯。。。。いや、ちょっと眠い」と、ベッドに横になったが運の尽き。
気づいたら世の中はすでに10時前だったという。。。。。。

結果、昨日の夕飯はポテチ。芋で野菜だからいっか。

早いもので、旅から戻ってすでに1週間経過。
今頃になって「あー、あそこにも行けばよかった」「あの芝居、観ればよかった」等々
名残惜しい気持ちがボコボコ芽生えてきた。

「もう一回、行きたいなぁ」という思いを胸に秘めつつ
昨日から旅行会社とのメールのやりとり。

とはいえ、同じ旅行でも今度は一人旅ではなく両親がもれなく。

いよいよ来月末に迫った卒業式に出席するため、両親が3年振りに加訪だす。
そして今回は思い切って東カナダまでちょっくら足を伸ばそうかと。
その計画のために旅行会社とメールの応酬をしているわけで。

行き先は「モントリオール」と「ケベックシティ」
カナダでも随一のヨーロピアンな風情が漂う地域。
滞在期間中の宿泊先はモントリオールだけど、日帰り観光でケベックへ。
その間の移動手段は列車の予定。

そう。
あくまでも「予定」のつもりで話した計画だったはずが、
親(特に母親)が、がぶりよりで食らいついてしまったので
後に引けなくなってしまった。。。。。。。

でも両親の体調&年齢を考えたら、もう最後の海外旅行かもしれんしなぁ。

それでも母親はまだこっちに来るチャンスはあるだろうし
本人もその気満々なのだが(恐ろしや。。。。)
父親は2年前に倒れた結果、少し身体が不自由になってしまったので
本当に今回の旅行が最後だと思う。

なので、なるべく両親の希望に沿ったプランを考えてるのだけど
カナダはどこも高いわ。特に飛行機代が。
この値段なら「もう一度、あの街で芝居が観られるやん!」なんだもん。
でも値段を押さえれば移動時間がべらぼうにかかってしまう。
まさに「時は金なり」この価格は紛れもなく時間を買ってるようなもんだわ。

今回の旅行は前から決まっていたので、多少は出すことを見越して
初月給から貯金はしていたものの、全額は無理。全くもって足りやしねぇ。

社会人になっても節約の日々は当分続きそう。。。。。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。