大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ飛べない雛達みたいに

今週は久々に人としてあり得ない生活をしておりました。
金曜日の夜からネット三昧。土曜日なんぞは外に一歩も出ず。それ以前にベッドから出ず。
パンとポテチとフルーツをちょこっと齧っただけでネット三昧継続。
日曜日はやっと午前中に起き上がって、掃除と洗濯をしたものの
それが一段落したらまたネット三昧。そして昼寝。

あー 幸せ♪←どうしようもない

そんなにネット三昧で何を観ていたのかといえば、演劇動画にライブ映像。
はたまた懐かしのテレビドラマなどなど。
さっきまでホロヴィッツのラフマニノフ演奏を聴いて(観て)おりましたし
その前は寺山修司作の「蝶服記」という実験映画。

あるところにはあるもんだわ。。。。ってことで、要はヲタ生活しておりました。

このどっぷり内向的な生活のきっかけとなったのが、先日最終回となった「ザ・クイズショウ」
いくら愛する侯隆さんが出演とはいえ、深夜ファンにとってはかなり不安を感じたゴールデン版も
最後2話の熱演にはかなり惹き込まれてしまいました。

やっぱり侯隆さんは美しいわ(うっとり)
痩せたことで、彼の持つクールな美形っぷりが本間に嵌りまくったわ(うっとり)
なんか山岸凉子の作品に出てきそうだわ(うっとり)

顔面命なジャニにあって、あそこまで身体中の体液をダダ漏れまでしての演技に脱帽です。

よかったわー
侯隆さんのファンになって(恍惚)

でもね、いくらファンでも「素晴らしかったよ!」と、盲目的に大絶賛は出来ないところが
私の哀しい性格。中途半端に演劇好きなもんだから、やはり当初の懸念事項だった
脚本に一番がっかりしましたわ。
深夜版も決して完璧な構成ではなかったけれど、あれは深夜という時間帯に加えて
主演二人の「濃さ」で乗り切った部分があったと思うのですが
ゴールデンではその濃さはもちろんなく、でも最後は本間一人が重罪という
青春編と謳っていた割には、一番救いのない終わり方だったってのが腑に落ちない。

で、この自分の中の不完全燃焼感を落ち着かせるべく、昔のドラマを観てまして。
といっても、全話じゃなくて好きな回だけ。

主に観てたのは「池袋ウェストゲートパーク」と「Dr. コトー 診療所」

カラーが全然違うのは私も充分承知しております。でも好きなんだもん。
クドカン作品では「タイガー&ドラゴン」が一番好きなんだけど
それは見つからなかったので、時点のIWGP。
木更津キャッツも好きだけど、真っ先に頭に浮かぶのはこの2作品。

コトー先生は、中島みゆきさんの曲にあわせて流れるタイトルバックが好きなのと
なんといっても吉岡秀隆を始めとする出演者の演技ですわな。
特に8話のあきおじの回は、何度観まくったかわかりませんわ。

そして私は考えていました。
侯隆さんに似合うのはどちら向けの作品だろうかと。
えぇ、気分はすっかり「ユー、やっちゃいなよ」なジャニーさんですよ。

クドカン作品はジャニ出演率が高いのは周知の事実だし
実際、うまくはまれば大化けするし(例:岡田君)。
また一見、軽い台詞のように聞こえても、その裏はとても深い意味が隠されてたりして
その辺のクドカン的カタルシスがファンにとってはたまらん訳ですが
侯隆さんのイメージではないのよねぇ。

いちファンの戯れ言として言うのならば、コトー先生のようなテンポはゆっくりでも
台詞の一つ一つが丁寧に作られた作品に出てもらいたいなぁ。
主役じゃなくってもいいの。むしろ主役よりも2番手、3番手の方が彼に合う気がするのよね。
今回のクイズショウ出演で「感情の盛り上げ方が上手いかも?」って思えたから
そこが丁寧に書かれた脚本なら、本当に化けるかも。いや化けて欲しい。と思ったので。

えぇ、ファンの欲目ってことは百も承知。
でもそんな欲目を思うのも、ヲタの醍醐味ではないかと♪


こんな雄大なタイトルバックに彼の名前があれば
ファン冥利につきるわ、絶対。

ちなみに「コメント表示」は消した方がいいかなー?








スポンサーサイト
コメント
次はDr. コトー 診療所のような雄大なドラマに1票

>2番手、3番手の方が彼に合う気がするのよね
ハイ!!

>「コメント表示」は消した方がいいかなー?
消される前にしたった

クイズショウ
あややの昇格がやりすぎ
現場で事件が起きているように
事件も逮捕も取り調べも経験せず警視庁幹部のようなポジ

ツッコミはそこかい?
うん。
9,10の流れが速すぎですよね
2009/06/30(火) 07:21 | URL | 裕雅 #mQop/nM.[ 編集]
裕雅さま
> 次はDr. コトー 診療所のような雄大なドラマに1票

でしょ、でしょー?
スロースターターというかラストスパーターというか
同じドラマでもお話が後半に進むにつれて
役が掴めてるみたいで、段々よくなっていくじゃないですか。
だからゆったりと丁寧に作られた作品なら
最初からしっかりと役作りが出来るんじゃないかなぁって。

> あややの昇格がやりすぎ

観てるこちらが「おやや」と思うほど
あややの出世早すぎ。
てか、あややは必要でしたかね。。。。?
確か当初の予定では
本間との恋愛フラグが立ってた設定だったはず。。。。。

大人の事情はよくわかりませんです。

> 9,10の流れが速すぎですよね

なので作品(脚本)のクオリティはこの際無視です。
侯隆さんが美しかったのでそれでオールオッケー。

でもあの美貌で深夜版のラストという展開も
観てみたかった気がしますわ。むふふ←ひなげし畑に旅立った。
2009/07/01(水) 12:11 | URL | やまざき #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。