大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0083man

さすがに二日続けての超早起きはなく
それでもいつもよりちょい早め(いっても30分前)に起床。
冬と違って6時頃にはすでに外は明るいものの
今年の夏は例年に比べて気温が低い日(20℃以下)が多い。
おまけにここ1週間は雷と伴う雨の日が連日続いていて
7月とはいえ半袖だと少々肌寒い有様。

暑すぎる日もいやだけど、かといって
いまだにパーカーやウィンドブレーカーが手放せないってのもなぁ。

今日も5時前に帰宅後、いつものように軽く1時間ほど仮眠。
毛布は被っていたものの、起き抜けに一瞬「ゾクッ」と、寒気。
「こりゃ、ヤバい」と、夕食にお豆腐のお味噌汁も追加。お葱たっぷり。
お陰で身体の中からホカホカしているから、風邪の心配はないと思う。
しかし今でも足先&指先が若干冷たい。ちなみに我が家にはクーラーはないから
空調による冷えではなく、体内に長年蓄積された症状が出てるんだろうなぁ。

一人暮らし(正確にはルームメイトがいるけど)していると、気をつけてるつもりでも
どこかツメが甘いというか、食事や運動面も含めた「健康生活」にどこか穴がある気がする。
でもその穴がどこのどれかわからない。ってのが、きっと一人暮らしの短所かも。

いや、きっと人による。キチンと出来ている人は出来ている。
その例が母方の大叔母。

私の記憶が正しければ、大叔母は今年で御年91歳。
私の母の従姉妹達が同居を勧めても
「娘と言えども所詮他人。気を使うのが面倒くさい」との理由で
現在も二子多摩川のマンションで一人暮らし。
なんでも大叔母の目標が「ぽっくりとあの世へ逝くこと」らしく
「だから毎日自分の身体には気を使っているのよ」なんだそうだ。

だからウォーキングと水泳は欠かさない。食事はもちろん和食中心。
化学調味料やインスタントは食べない。お化粧水も手作り。
寝る前にはストレッチをしてから床に就く。
これぞ「明治の女性」といっていいほどの、己を律した生活をしている。

多少耳は遠くなったものの、一見だけではとても90歳を越えた年齢とは思えないほど
お肌もツヤツヤしていて若々しい。なんといっても背筋がピンとしていてとても姿勢がいい。
元々美人な人ではあったけど、その姿勢の良さがさらに若々しく見せているのだろう。

この大叔母を含め、母方の親戚筋はその時代では珍しかった
海外での在住経験者が多い。現に大叔母の兄、つまり私の祖父は
旧帝大医学部を卒業したのにも関わらず、なぜか医師ではなく商社マンとして
当時の満州に勤務していた←だから私の母は満州育ち。今で言う帰国子女?!

そんな環境だったせいか、大叔母は私のことについても心配どころか
「やまざきちゃんは○○(母の旧姓)の血が濃いんだわ」と、むしろ応援してくれていて
前回お会いした時も「あと5年若ければ絶対にカナダに行ってたわー」と
しきりに残念がっていた。
いやいや、今でも余裕で長旅大丈夫だと思うけど。

私の理想はこの大叔母なのだけど、どうも実際は祖父の血を引いたっぽい。
祖父は母が小さい頃に亡くなったので、写真でしか姿は知らないのだけど
祖父に関するいくつかの話。特に
「給料日は同僚達と毎回しこたま飲みまくってた」という逸話を聞く限り
「あら? なんかデジャブ?」と、なぜか胸の奥がキュンとする←間違っている。

でも同じ爺ちゃんの血を引くのなら、今の私には「医学部へ進学した頭脳」なんだけど
その部分は「孫とはいえ所詮他人」ということなのかもしれない。ちぇ。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。