大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の目標

もう3月も終盤だというのに、なんていうタイトル。
いや、こちとら日本人なんで、あくまでも4月を新年度と設定した上で

。。。ってことにしておいて←いきなり弱気


そして本題。

今年の目標は「自分の研究テーマを考える」

院へ進学したい気持ちは学部時代から持ってたものの
一番大事な「自分は何をしたいのか」が、今ひとつ絞り込めていなかった。
実際のところ、まだはっきりとは決まっていない。
でも幸いにも今のラボで雇ってもらえて、おまけにそのラボのレベルが
半端ないくらい高くて周囲の人達も人種問わず素晴らしい人達ばかりで
あまりの自分との境遇&頭の出来の違いに
自分自身に毎日ガッカリしていた。まぁ、今もガッカリしてるけど。
最近では今日←リアルすぎ

しかし前回の記事にも書いたけど、私の立場からすれば
多種多様な事をやらせてもらえてるし、その内容は研究員さん達と
ほぼ同等のトレーニング量だと思う。
本当に単純に「データを取ればいい」ではないのよね。
もう少し具体的に言えば、そのデータの裏にある事実を読み取る訓練を
博士号さん達と一緒にやらせてもらっている。

これってすごいラッキーよね?

なんて思えるようになったのは、ホントつい最近。

この1年で多少の前進はあったとは思うけど
それでも今のラボで必要な知識量や理解度は、まだまだてんで及びません。
今日も脳味噌学科卒なら知ってなければならない基礎事項が
頭からスコーンと抜けちゃってたし。

決してぼけーと過ごしてた訳じゃなかったのにも関わらず
時間は無情に、そして刻々と過ぎて行く。

これじゃいかん。
このままじゃ、ただ使い勝手がいいだけで終わってしまう。

今の私に足りない知識はたくさんあるけれど、特に弱いのは「理論」
つまりいくら手術が上手くても、良質なデータが採取出来ても
それらを「正統な理屈」をもって読み取るスキルが圧倒的に弱い。
もともと弱い部分だと自覚はあったけど
今のラボではその弱点を容赦なく突いて来る。

久々に図書館に立ち寄って、脳味噌分野の理論書を借りて来た。
以前目にした論文の中で、もう一度読み直そうと決めた数本も抜き出した。

こう書くとなんだか必死っぽいけど、常に成績のことが念頭にあった学生時代と違い
本人の気持ちは意外と冷静でリラックスしている。生活がかかってる分
今の方がシビアなのかもしれないけど、その辺りの不安はなぜかない。
きっと「やらなきゃ」という気持ちが自然と自分の中から湧き出てきたからだろう。

それでもまだ動く時期ではないと思っている。
だけど「動くために動く時期」がそろそろやってきた気がする。
フルマラソンを走りきるためにトレーニングを始めた。みたいな感じ。

では、準備体操&ストレッチからまずは重点的に。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。