大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

規則正しく。

授業がある1週間に比べて、休みの1週間のなんと短いことよ。
気がつけば、読書週間休みもほぼ折り返し地点。

なーんにもしてな~い。あはは~ん。

休み前、クラスメート達に
「『寝て、食べて、寝る寝る』の生活になるかもー」と冗談で話してたが
どうやら本当にそんな生活態度で突っ走ってしまいそうな予感。いや、実感。

とにかく、朝起きられないのが敗因ではないかと推する←負けているのか? 
だから1日の活動時間が短いのだ。

早起きは三文の徳。という諺に従って「明日こそわ!」と、毎晩7時に2つの
目覚ましをセットするものの、起き上がるのは10時過ぎ、あるいは11時前という体たらく。
何も前日、夜更かしをしてるわけではない。
就寝時間は遅くても24時までには床に就く。
軽く10時間はある睡眠時間。

たまに早朝勤務から戻ってきたパパさんとリビングで鉢合わせし

まさか、さっき起きたの? おーまぃがーっ

なんて言われたりも。

目覚まし使ってこの時間。使わなければ記録はさらに伸びる。
去年の読書週間時は、最高17時間睡眠というのをやってのけた。
その頃は、ちょっと前に大風邪引いて弱っていたせいもあるが
さすがに時計を見た時には
「がっくり」とした覚えがある。
窓の景色、明らかに夕日の色なんだもん。

ある意味、正しい学生生活とも言えなくもない←違うね、絶対に違う。

学校の日だとちゃんと起きられるのになぁ。
休みの日でもキチンと規則正しい生活が出来る人が羨ましい。

どんな人にでも与えられている時間は、1日24時間。
時間は無限だけど、人間の寿命は有限だからね。
最近、時間の大切さがやっとわかってきた。

ほんと、明日はちゃんと起きよう。起きるぞ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。