大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の気持ちを無視して進むぜ まさに俺ロード

新プロジェクトメンバー任命されて以来、従来の実験手術助手業務の合間に
向学用に勉強やらリサーチに加え、先月からその新規プロジェクトに使用する
実験手法の試験運用も始まったもんだから、時間があっという間に過ぎる毎日が続いている。

暇よりはいいよねー

と、言いたいところなのだけど、その試験運用のスケジュールがいつも直前に決まる。
そして直前にキャンセルになることも多い。てか、その方が多い。

こっちも何かとやることがあるので、予めスケジュールに組み込んで欲しいと
担当PIに何度もお願いしているのだけど、どうも時間管理が苦手な方みたいで
いつも甘い見通しを立てては直前に慌てて調整したり、結果キャンセルしたり。
そしてこちらのスケジュールも直前に変更やら中止やらで、結局何が何だかな一日になったりも。

もう慣れちゃったから「しょうがないな」で、終了。
そして空いた時間には別の作業を即座に組み入れるので、こちらはなんとも思ってない。
しかし、普段は仕事に関してあくまでもジャパニーズスタイルを貫く時間厳守な私を知ってる
周囲の人達の方が
「(PIを)怒っちゃダメだよ。ああいう人なんだから。
 ここはカナダだから。コーヒー飲む?クッキーあるよ!」等々、えらく私に気を遣ってくれる。

あらま。
私ってば、そんなに恐ろしい存在?


。。。。。否定はしない


そんな思惑が脳裏に一瞬過るものの、お言葉に甘えてちゃっかりとクッキーは頂いている。
もちろんコーヒーも飲んじゃったりもしているが、それでも「基本時間厳守」はあくまでも死守。
例えば手術を行なう場合「9時スタート」ならば、特別な理由がない限り「頭部切開開始が9時」に
いつもセッティング。つまり麻酔開始はその前からということ。
今までに何十回と助手として手術に立ち会っているけれど、常に
「術中には何が起こるかわからない」不安に駆られるから、何事も前倒しで準備したい気持ちがある。
ラットちゃんとはいえひとつの命なんで、その命の重さに毎回おののいているのも事実。
だから「時間厳守」のルールを自分の中で課すことによって、自分自身余裕を持ちたいのが本音。
そしてあくまでも私の中のルールというか、単なる自己満足のためなんだから
守らない(守れない)人がいても、本当にどうでもいいのだ。

でもこのルールを遵守し続ける限り、周囲が私に気を遣ってくれるというのなら
ますます継続するしかないわよね。ふふふ←

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。