大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

This is 行った

昨日は研究所内、というか大学全体の Fire Drills(避難訓練)の日。
非常用サイレンが鳴ったら、規定の避難路を使って迅速に建物の外へ。
その後は警察(セキュリティ)による講評を聞いて終了。
まぁ、日本での訓練とほぼ同じだと考えてくれていいです。
ですがその時間は実験手術中だったため、私と担当研究員は欠席。
結論から言えば、欠席しても何の問題もなかったのだけど。

話はそのFire Drill 開催の通知が届いた3日前に遡ります。

メールが届いた直後、実験手術担当の研究員(いつものポスドク兄さん)と
「別の日にしよか?」と相談。
本来なら作業を中断して外に出ないとダメなのだけど、実験手術は字の如く
「手術」なので、当該ラットちゃんの頭はぱっかり開いてるし、麻酔もかかってる状態だから
「そんなラットちゃんをどのくらい放っておいていいのか?」のが私達の懸案事項。
毎年、訓練後の講評が結構な時間を取ってたりするんでね。
特に今回の手術は、Stimtrodeと呼ばれる神経パルスを刺激する器具を予め装着されたラットに
別の信号伝達器具を装着するという、ポスドク兄さんにしてみればとても大事な手術。
なので、この避難訓練の日を避けようと決めた訳。

が、振替日を予約しようとも肝心の手術室が空いてない。
空いてる時はがら空きなのに、どれもこれも都合悪い日ばかり。
さらにポスドク兄さんとこへ、出張中の大ボスから
「早く(そのラットを使った)データを出せ」という督促メールが。
そんな現状を踏まえた上で、セキュリティ部と研究所秘書宛に
「今回の訓練について、僕とやまざきはパスします」と、兄さんが欠席届けをメールしてくれて
(「次回の訓練時はもうちょっと早く連絡して下さい」の一文をちゃんと付けてた)
セキュリティ部も快諾。あー、よかった、よかったと胸をなで下ろしてた矢先に。

うちの研究所には「秘書」的な業務をする人が3人いる。
一人はうちのラボグループ専門。彼女はとても仕事が出来て、性格もさっぱりしてるので
うちのラボの人気者。私も大好き。
そして今回の避難訓練や一般開放など「ラボ全体関連のイベント」を統括する女性が2人いる。
で、ポスドク兄さんがメールした宛先は、訓練通達メールを送った女性(Aさん)。
これは当然だと思うし、私もきっとそうする。そしてAさんは
「当日は、セキュリティが最終見回りをする際に名前を聞いて後、追って不参加者だけの
訓練を行なうからそのつもりでね」と、返信として送ってきた。

だがしかし。

不参加と聞いて、もう一人の秘書の女性(Bさん)が
「避難訓練に参加しないのは法律違反」と言い出した。私と兄さん、二人して「はぁ?!」である。
このBさんは研究所が創設されてからのスタッフさんで、いわゆるお局。大お局。
自分が気に入ってる人とそうでない人との態度が激しいので、評判が両極端という人。
最初、私は彼女のお気に入りだったのだけど、その裏表の激しい性格がどうも苦手だったため
距離を置き始めた途端、何回かあからさまないけずされましたわ(以前、ここにも書いた人)
こういうタイプは得てして、自分が中心にならないと気が済まないのよね。
だから今回の場合、もし兄さんがBさんにもメールしてたら、こうにはならなかったのかもだけど
でもそんなの知ったこっちゃねーわ。

ということで、当日は予定通り手術決行。
従来とは違うちょっと変わった手術でもあるので、学部生やら別ラボのポスドクやらなど
ギャラリーも数名。兄さんも私も、ギャラリーからの質問に答えつつも自分達のことを。
そして、突如としてサイレンが。
「はい、みんなは外に出てー」「僕らは残るからー」と、ギャラリーを誘導。

はー、これでやっと静かに集中できるわ←兄さんの本音
セキュリティの職務質問って、本当に名前しか聞かないのかな?←私の本音

兄さんは「念のため」と、事の顛末を理解していないセキュリティの論争が起こった場合を考え
自分との間にやり取りされた、一連の「欠席了承」メールをプリントアウトしていた。
私は「念のため」と、事の顛末を理解してないセキュリティとの論争が起こった場合を考え
「罰金なら払いますよ。いくらですか?」といった、決め台詞をいう時の決め顔を想像していた。
この話を聞いた兄さん、「逮捕されたいの?!」と大爆笑。

違う、アナーキストになりたいの。
I fought the law, and the law won って言いたいの。

兄さん、さらに爆笑。普段は比較的クールな人なんだけど、よっぽど受けたと見える。

「だってこんな機会、滅多にないしー」など話しながら手術をしていた所
ギャラリー達がわらわらと戻って来た。。。。。って、10分も経ってないよ?!
「本当に行ったの?!」「行きました!」「早過ぎるわ!」
どうやら、今年の訓練は本当にあっけなく終わったらしい。
つまらん、つまらん。何もかもつまらん!

結局、実験手術は約4時間かかって無事に終了。
また、Aさんが再度確認してくれてた結果、訓練欠席は別に違反でもなんでもなかった。
代わりに術後、あちこちで「やまざきってば、逮捕されたがってたんだよ」と
言いふらされることにはなったけど。ふん。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。