大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知識はいくら増やしても荷物にならないらしい

カレンダーとスケジュール帳に書込まれている予定を眺めていたら
帰国日まで、自分が思ってた以上の時間がないかもしれない。いや、ない。

ということで、やっと本格的に片付けに着手。
それでもある程度の断捨離もどきは旅行前にやってたので
いつでも売れるようにと、コンピューターデスクの解体(IKEA製)と
ブーツなどの冬靴の手入れなどが本日メイン作業。
未だに雪がちらつく日があるけれど、それでも半日経てばほぼ完全に溶けるまでには
暖かくなってきたから、もうスニーカーで大丈夫だろうと見切り発車で一気に4足の靴を磨き上げ。
先週実家から衣類圧縮袋が届いたから、これらにコート類を入れて冬靴と一緒に船便で発送する予定。

衣類など生活用品は予定しているスーツケース個数(大中小合せて5つ)で
ほぼ入りきると思うのだけど、問題は書籍。それも今後も仕事で役に立ちそうな
百科事典のような分厚いこちらのテキスト。
ある程度はラボに寄付するつもりでも、それでも数冊は手元に残しておきたい。
私の場合、未だに基礎的な所も見直すことが多々あるし。

だけど重い。非常に重い。バイオ系の教科書はなぜこんなに重いのか。
一冊でこの重さなら、代わりに別の物をいくつか持って帰れるんじゃね?
いや、でも授業で最低一回は目を通してる訳だから新書よりも探しやすいんじゃね?

と、本棚を眺めてはどうするべきか思案中。
このご時世、Amazonなどで世界中どこからでもネットで買い物出来る訳だから
いっそのこと必要な時にネットショップしちゃおうかなと、日本のAmazonで
当該教科書の値段をチェックしたところ、中古品扱いで9500円。新品に至っては1万円以上する代物。

うーん。。。。
新居での生活が落ち着くまでは、なかなか厳しい出費かも。
でも当時もカナダドル換算で似たような値段だったし。

うーん。。。。

とりあえず結論はギリギリまで保留しとこ。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。