大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大阪城は私の実家」と言ってみたい。

いよいよ明日が退職日なんだけど、帰国日まであと10日あるためか最後だという実感が殆どない。
おまけにせっかく引継用にと、資料を共通サーバーに移行した途端にサーバーダウン。
やっと復旧した先週後半からずっと更新作業ばかりで、明日は間違いなく残業である。
そういえば日本で勤め人だった時も、自分の送迎会やってもらったその足で会社に戻って
最後の後始末してたっけ。。。。こんなシチュエーションばっかりだな。

それでも帰国日が近づいてるということは、家探し本格始動日も近づいてる訳で
毎日物件チェックして気に入ったところを見つける度に不動産屋さんに見学予約を入れて。。。を
繰り返した結果、現時点で13件の見学予定。多いの?少ないの?こんなもん?
不動産業者は複数だけど、住居エリアはほぼ確定してるのでそれぞれの物件は似たような場所にある。
地図で確認したら1ブロック違いって所もあった。また間取や条件を見ているうちに当初の理想から
徐々に現実モードに移行していったので、初期に見学予約を入れた物件と最近とでは
こちらの希望条件が一定してなかったりするのだけど、せっかくなのでキャンセルはせず。
途中で気が変わるかもだし。

これだけは外せない条件として、当初は「追い焚き機能」を入れてたのだけど
(そういえば実家にいた時も夏はシャワーだったな)なんてことを思い出したりして
この条件は必須ではなくなった。その代わり「独立洗面台」と「コンロ2口以上」は絶対必須。
あと間取りで必ずチェックするようになったのが「洗濯機の位置」
今回の家探しで気づいたのが「玄関開けたらすぐ洗濯機」という配置の多いこと。
室内設置にこだわった故の場所なんだろうけど、それでも「ただいま〜」ってドア開けたら洗濯機って
ちょっと落ち着かない気がして(あくまでも私はね)近頃はまず洗濯機配置場所をチェックするように。

さらに追加条件として「『敷金・礼金なし』は除外
普通はお得条件として大々的に謳われてるけど、言い換えれば「諸費用がない=入居者条件が緩い」
つまり問題ありな住民が多い可能性大ってこと。またそんな物件に限って「部屋クリーニング代」
「鍵交換代」が借主負担(それも小ちゃい文字で備考欄に記載)ばかり。
結局物件によってはそれらの合計は相当な額になるので、ならば「敷金は払う」という方向に切り替えた。
契約書的文書ってよく読み込まないとダメね。意外なところに盲点がある。
考えてみれば家主が損する物件なんてある訳ない。上手い話は滅多にないってことだな。

基本引きこもり体質なので、自分の住まいとなる空間作りはとても重要。
だって休みの日には心ゆくまでゴロゴロしたい。
「ただいま」って帰ったら部屋中が「おかえり」と迎えてくれるような
そういう部屋に住みたいのだ(決してオカルトではない)
初出勤までには引越したいので日程的にはかなり厳しいけど
納得の出来る「自分の城」を見つけるべく、ここはちょっと頑張る。

いい部屋が見つかりますように←言霊

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。