大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異業種交流。

本日で今学期の授業が全て終了。
今までのテストや実験結果の合計から、現時点での成績を計算してみたところ、どれもが「期末で頑張ればいい線いくかも」。その「頑張れば」な範囲は、とてつもなく無理!というわけではないけれど、言ってしまえば今の段階では「余裕綽々」とは
力強く言い切れないため、あくまでも「頑張れば」という枕詞がつく。 

やるだけやるさ。もちろんだとも。

そんな気合を胸に今日も図書館で勉強した後、前日にKAちゃんの「アイスクリーム作るからおいでよ~」の
お誘いのために化学室へGO。
中国人のKAちゃんはESL時代からのお友達で、専攻は化学。非常に頭のいい子で、今までの成績は全てA+かA。
毎年、最優秀生徒に選ばれていると思っていたら、来学期から最高額クラスの奨学金ももらえることになったとか。
すごいぜ、KAちゃん。

で。

「なぜアイスクリームが化学室?」と思いながら実験室へ入ると、KAちゃんのこれまた成績優秀なカナダ人お友達が
「おいで、おいで~」と手招き。
見ると、大きなステンレスボウルに卵・牛乳・バニラエッセンスを入れて、木しゃもじでグルグルとかきまぜている。
「お~、作ってるね~」と、感心していたその時

いくよ~っ

KAちゃんの声が。

ざば~っ

プロパンガスのような容器から、とある液体をボウルにざぶざぶと入れているKAちゃん。

ねぇねぇ。それ何?

これ? 液体窒素

さすが化学専攻生徒。やることが違う。

液体窒素の沸点は約-200℃なので、室温だと一気に気化する。
液体窒素を投入した途端、ボウルから豪快にスモークが立ち上ったかと思いきや、あっという間にアイスクリーム
(それもガチガチ)の出来上がり。

バニラアイス、チョコアイス(チョコチップ入り)の2種類のアイスを作ったが、その度にKAちゃんが

いくよ~っ

そして液体窒素がドバドバ。スモークがもくもく。

KAちゃんから聞いていたけれど、これが噂の「Crazy Chemists(変態化学者達)」なイベントなのね。
それも数ある中の一つっていうんだから驚きだ。

KAちゃんのお陰で、脳味噌専攻の生徒や院生よりも、化学専攻生徒や院生の知り合いの方が実は多い。
なんか化学専攻の人達は気さくな人が多いのよね(そして脳味噌専攻には何を考えてるのかわからんのが多い)。
唯一、別専攻な私のことも、最初からメンバーの如くすんなり仲間にいれてくれたし。
脳味噌専攻のほとんどが付属研究所所属のため、気軽に立ち寄りにくいという物理的なハンディを差し引いても
化学専攻のノリはとても明るくてクレイジー←もちろんいい意味で。

ってことをKAちゃんに話したら

まだ間に合うから専攻変えちゃえ!

またKAちゃんのクラスメートも

いつでもウェルカムよん♪

いやいや。
私は明日の脳味噌界を担う「Mad Scientist」にならないといけないからさ。

と、せっかくのお誘いだったが丁重にお断りした。
ちなみに、別の日に別の友人の「なんで脳味噌を勉強するの?」の質問に、↑と同じ答をしたところ

やまざきは今でも充分 Mad だから、あとは卒業して学位取れば大丈夫だね♪

ふはははは。ありがとよ。

しかし、この手のアホなネタを一緒になって延々と楽しめる相手は、なぜか皆「非・脳味噌専攻」ばかり。

なして?
なして、私以外にも「Mad Scientistになるねん!」と宣言するヤツはおらんのん?

探せばいるのかもしれないけど、もういい加減そろそろ見つかってもいいと思うけどなー。
それともこんなこと言ってる脳味噌専攻者は私だけってこと?

ではそんなアホなこと言う「第一人者」になるべく、明日からまたお勉強に専念しますわ。


>Web拍手

あはは。何度押してもらっても嬉しいから大丈夫(笑)
お互いに悔いの残らないように、頑張って試験勉強しましょうね♪

いつもポチリとありがとうございます。
何のことかわからない?
メールフォーム下にあるボタンのことでございまする。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。