大きな北国での小さな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターボ全開。

実は昨夜からやけに味の濃いモノが食べたくてしょうがない。
例によって、パパさんお手製の晩ご飯をしこたま食べたにも関わらず
余裕でポテトチップスに手を出したあたりから「おかしいな」とは思っていた。
そしてその予感は的中する。

とんかつ食べたいー
うな重食べたいー
とんこつラーメン食べたいー
551食べたいー

12日の授業終了後以降、期末に備えてテスト勉強をしている日々。
以前にも書いたように「ここぞ!」という時、こってり・がっつり系を欲する私の細胞は、今回も忠実に「濃いモノ食わせろー」と
脳内中枢を刺激し始めた。

しかし時は既に23時過ぎ。
最終バスの時間はとっくに過ぎているし、第一、私はとっくにパジャマ姿。
手元にある食材の中で、グルタミン酸濃度が一番濃いのはインスタントラーメンであるが、私の細胞はそんなモノで納得する
訳はなく

ケンタッキー食べたいー
それも皮だけー


あかん、あかん。
とりあえず時間も時間やし、お味噌汁で我慢してちょうだい。

お豆腐やお揚げさんなどそんな気の利いた具なんぞあるわけなく、だしの素にお味噌を溶いただけの「素うどん」ならぬ
「素味噌汁」であったが、ないよりマシ・・・・・のつもりだった。

しかし翌日。つまり今日。

お腹空き過ぎて、力が出ない・・・・

もちろん集中力が続かないので、勉強に身が入らない。身が入らないから、普段は気にならない音に異様に敏感になる。
例えば、プータロー息子のコンピューターゲーム音がとてもうるさくて「ゲームばかりせんと仕事探せや、ごらぁっ」と
何度自室で毒づいたことであろう。

そんなこんなでお昼どき。

今日はイースター本番なので、パパさんがローストターキーを焼いてくれた。
「そのかわり、晩ご飯は各自で食べてね」ということで、豪勢なお昼ご飯となったわけだが
当然お肉よりもスタッフィング(Stuffing)ばかりに手を伸ばす私。

スタッフィングとは、パンやお米とセロリなどの香味野菜をターキーのお腹に詰めて一緒に焼いたモノ。
ご家庭によってその中身は様々だが、一言で言えば肉汁がたっぷりと染み込んだカロリー度外視の食べ物である。
そんなスタッフィングに、これまたカロリー度外視のグレービーソースをたっぷりかけて、がっつりといただいた。

ちょっとは落ち着いたかも・・・・←ちょっとなのか?

知の大海原を泳ぎ切るには、生半可なエネルギーでは身体が持たんのだよ。留学生活は体力勝負。これは本当。

状況や時間などお構いないしに「すごい食べたい。今、食べたい」と感じたら、出来る限り口にした方がいいと思っている。
それだけ身体が欲しがってるってことだから、少々カロリーが高くても気にせずに食べた方がいい。
そういう時の食事はきっと太らない。「食べたい!」という気持ちで、ほとんどカロリー消費をしていると思うから。
ただし、毎日インスタントや出来合いばかり食べている人には意味なし。
この感覚は、化学調味料で麻痺したそれとはまったく別の代物。
普段から「真っ当な食生活」をしていれば、ここぞというエネルギーの補給時はわかるはず。

が、私の理論というか屁理屈である。

ということで、また小腹が空いてきたのでスタッフィングの第二弾、いってきます。
スポンサーサイト
コメント
 こんばんは。

 ここ1年くらいでやっと、アタマがカロリーを消費することを実感したshibaであります。

>お豆腐やお揚げさんなどそんな気の利いた具なんぞあるわけなく、

ここで思い出したのですが、関西の言葉では、食べ物を「お~さん」と呼ぶことがありますよね。例えばお粥とか。アズマエビス(笑)にはそういうの、とても新鮮に、そして興味深く聞こえます。どこの言葉によらず、食べ物(だけじゃなくてもいいんですけど)に敬称を付けるのって、他に何があるんでしょうね?

自分でもちょっと調べてみます。
2006/04/17(月) 06:14 | URL | shiba #-[ 編集]
>shibaさま

そうですか。
アズマエビスさんには新鮮な言葉遣いでしたか(笑)
身内を含めて、周囲はみんな「お~さん」というので
これは一種の方言であることを知ったのは
かなり大人になってからでした。
そのくらい、関西圏では食べ物に敬称は日常茶飯事です。
多分、昔から商人の都市として栄えてたところですから
「何でもお客様のように大切に」という意味合いを込めて
そう呼ぶようになった・・・・かどうかは知りません。
思いついたまま適当にコメントしてみました(笑)

>他に何があるんでしょうね?

反則技として、飴玉に「ちゃん付け」して
「飴ちゃん」というのがありますね。
特に、中高年のおじ様方にその傾向が。

例文を挙げると
「キャンディーを下さい」→「飴ちゃん、ちょうだい」
「キャンディーを召し上がりますか?」→「飴ちゃん、食べる?」

用例を覚えて、ぜひ「エセ関西人」を目指して下さい(笑)
2006/04/20(木) 14:46 | URL | やまざき #nD1n7zQU[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

やまざき

Author:やまざき
萌えに意味なんてなくてOK

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
Mail Form

名前:
メール:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。